アンカーテキストを適切な形で利用する事で外部対策に励む|検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

アンカーテキストを適切な形で利用する事で外部対策に励む

アンカーテキストを適切な形で利用する事で外部対策に励む
自分自身でSEO対策に取り組みたいと言う方はアンカーテキスト(テキストリンク)と呼ばれる方法を学んで置く事が重要です。ここではアンカーテキストに関する説明は割愛しますので、検索エンジンから調べてください。尚、アンカーテキストとなる部分とは、HTMLで<a href~>●●</a>で指定される●●の部分です。ブログを例にしてお話ししますと、このブログのメインタイトルもアンカーテキストです。そしてこの記事のタイトルもアンカーテキストです。サイドバーにあるカテゴリーやヘッダー上部のグローバルナビゲーションも全てアンカーテキストとなります。
色々な方のブログを閲覧していると、サイドバー等に自分の会社名でアンカーテキストを作っていらっしゃる方を見かけます。勿論、自己紹介(会社のPR)と言う観点で言えば良いかと思いますが、基本的にサイドバー等に張り付いてあるアンカーテキストからのアクセスはかなり少ないので、SEO対策的にはあまり効果的な使い方とは言えません。元々、会社名と言うのはサイト構成時にtitleタグや(h1要素)に含まれている場合が多く、尚且つライバル関係となるサイト(同一名称)が少ないので外部にわざわざアンカーテキストを設置する必要はなかったりするものです。
この辺りは外部サイトからのリンク供給の際にしっかり把握しておきたい事です。尚、これは第三者にリンク設置の依頼を行う場合も同等です。アンカーテキストとSEOの関連性は今現在、決して低いものではありません。いくら貴方のサイトが外部に1000リンク取得したとしても、アンカーテキストの内容如何では、被リンク効果も勿論、分散しますと言う事です。
しかし、逆を言えばサイト内にあまりキーワードを含んだ文字でのアンカーテキストは掲載したくないと考える方もいらっしゃると思います。そう言う時にはリンク専用のバナー等を作って利用する事が1つの方法であります。このような方法の場合はリンク設置を依頼する方にタグデータのみを送信すれば、相手の手間も少なくなります。尚、これはやらない方が良い方法も合わせて通知します。自身のサイト内で、同一のURLばかりにリンクを貼り同一のアンカーテキストを作る(文字リンク)ことはあまり得策とは言えませんので確認しておいてください
※アンカーテキスト例・当社サンプルを雛形としてご利用されてみてください。

①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。