サイトタイトルとdescripitionの使い方で変わるSEO対策の効果|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

サイトタイトルとdescripitionの使い方で変わるSEO対策の効果

ホームページには必ず、titleとdescripitionを付けます。(keywordsに関しては次回以降に記述します)そしてこれらはSEO対策においては不可欠な要素です。これはgoogleの提供している検索エンジン最適化のスターターガイドラインにも記述されております。
意外にこのガイドラインの冒頭のページ内容を無視したのか、優先視していないサイトが多いのです。デザインばかりに気を取られる事はユーザビリティーの向上よりも自己満足に使い自己所有物への愛情行為かも知れませんが、それだけでは、貴方のサイトを訪問してくれる方は素通りする確率は高くなるでしょう。本日はtitleとdescriptionに関して記述して行きます。どなたでも簡単に行える事ですから、検索順位の向上を目指したい福岡のサイト運営者の方は是非とも参照ください。
まず、titleとdescriptionは簡潔に越した事はありません。要点・要約をまとめてこの中に入れ込む事が理想です。間違っても検索上位に上げたいキーワードを詰め込み連続で利用しすぎるのはやめましょう。
次に必ず可能な限り自然な形の文章を作る事が適切です。title最後には会社名や店舗名を入れて置くほうがユーザーさんにも検索エンジンにも分かり易いナビゲーションとなります。尚titleとdescriptionは基本的に全てのページで異なる事が適切です。XMLでサイト構築をされていらっしゃる場合はこれらは比較的に容易なのですが、HTMLの場合は利用するソフトにも依存しますので、SEOの観点からはやはりXMLとCSSを駆使してサイトを構築する方が良いでしょう。
尚、titleにはページが意味する内容を入れて、descriptionにはtitleを補足する説明文書を挿入するのですが、何れかに対策したいキーワード1つはキーワードを含ませると良いと思います。基本的にはdiscritionに含ませた方がユーザビリティーを損ないません。あくまでキーワードはキーワードですからサイトtitleそのものをキーワードのみに魅せる事はやや難しい場合が多いです。
そしてひつこいようですが、やはりポイントとなる部分は、『簡潔に分かりやすく』なのです。SEOを意識する余り、自社をPRしようとする余りに一生懸命になりすぎて・・・・複雑に長文にしてしまう場合が多いものです。意識的に短くしてみましょう。●●のキーワードも入れたい、●●のキーワードも入れたいと欲張る気持ちは分かります。
このような方の場合はメイン階層下のディレクトリーや子カテゴリーの中に意図するキーワードを使う事で解消できます。基本的にあまりにもTOPページにばかり拘る必要はない所か、複雑に長文化させる事でクローラーの巡回を妨げる要素があり、これの方がSEO対策的に適しているとは言いがたい場合の方が多いのです。そのような事を踏まえた上で、例えば福岡で懐石料理を全室個室で提供しているお店があった場合のtitleとdescriptionを表現してみるとします。
title:懐石料理 福岡市中央区 ●●亭
descripiton:福岡市中央区で本格的な京風懐石料理なら●●亭 完全個室
もっと特徴があるのに・・・と言う場合は完全個室の後に少し付け加える位で良いと思います。後は階層別・ディレクトリー・カテゴリー別・コンテンツ文中にキーワードや特徴を含ませていけば、良いでしょう。

[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら