SEOを直接的コンバージョンに繋げたい|パーソナルブランディングが必要性|検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

SEOを直接的コンバージョンに繋げたい|パーソナルブランディングが必要性

SEOを直接的コンバージョンに繋げたいならば「パーソナルブランディング」の必要性
これだけGoogleの検索エンジンが進化している中でもその情報を知らない方にとっては、まだまだ「SEOすればアクセスが上がって売り上げに繋がる」はずと考えている方が多いのではと、当社に送られてくるご相談内容を見ていると思う事があります。
SEO対策とはあくまでもwebサイトのコンバージョンを高める為の一つの方法ですから、検索上位がそのままコンバージョンに繋がると言うような事はそう簡単には起こらない事の方が普通なんです。
しかしSEOにコストをかけるならば当たり前ながらその費用対効果を実感したいと言うのが人間心理ですし、各言う私自身も当社のサイトには無数のSEO対策を施しております。
当社の場合は自社で実施しますので他社に予算を使う事はありませんがそれに対する知識(技術)や労働力と言う観点で言えばコストは決して低いものではないのです
では何故、そのような事を理解しているのにSEOを行なうのか?
それはSEO対策でコンバージョンを向上させる事は他のweb施策よりもオペレーション化させやすく最も費用対効果の持続が見込めるからです。SEO対策だけで考えるとそれらが直接的コンバージョンには繋がらない方が普通だと考えますが、SEO対策で何を狙うのかを明確にしている方の場合はそれらが直接ではないにしても最終的なコンバージョンに繋がる事は逆に大いに存在するわけなのです。
この記事を読んでいる方の中には「矛盾してるんじゃないか」と感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、上記の違いの最たる部分は、「SEO対策=検索順位を上げる事」としか考えていないか、インターネットからコンバージョンを向上させる為の青写真を描きそれら実現の為にSEO対策=検索順位を上げると言う部分を全体施策の一環として捉えてられているかの違いではないかと言う部分です
特に昨今のGoogle検索エンジンのアルゴリズムにおきましては上記のような運営者の考え方の違いは検索順位にも重要な比重を占めてくるものとなります。機械の評価だからと言って侮る事は出来ません。
順位を上げる為のSEO施策は評価しないがサイト最適化を図りユーザー動機に対して適切なページをナビゲーションの為のSEOならば評価は高まると言う傾向は今後ますます強くなる事が予想されるでしょう
具体的なアクションとして運営者に求められる事とは・・・
多くの運営者様が成功するSEO対策の為に今すぐ実施すべき部分としましては、検索エンジンへの対策の前に自社サイトに対する対策(対策と言うよりも整理)を明確にしそれぞれに対しての内部要因へのアクション(サイト更新・ページ新設・時にはホームページ リニューアルなど)と、その後にそれに応じた外部要因アクション(アクセス施策)を実行する事です。
外部要因アクションに関しましてはその精度を高める為に外注や広告の出稿と言う手段も選択できますが、内部要因アクションへの取り組みに関しては基本的には自社で考えた内容を自社で実施したり外部者に依頼する等の工程を踏む必要があります。
しかしこの内部要因アクションこそ、多くの運営者が取り組めていない部分でもございます。私がこれまでに内・外部要因へのアクションに携わらせて頂いた際にもこの問題の解決には多くの時間を費やしている事も現実です。実際には多くの検討点が存在するのですが、その中で最近、私が最も重視して考えている事としましてパーソナルブランディングと言う要素が含まれるのです。
パーソナルブランディングの必要性。多様化したサービスの中で
パーソナルブランディングとは簡単に表記しますと、自社の商品を自社でブランディング(価値を高める)する事です。ブランディングする為には実際のサービス質の向上や他社との差別化・自社の強みや自社のマーケット・市場分析・トレンド察知等、様々な要素をまずは自社で考えて行く事が重要でありそれらの意図を基に内部要因アクションを進めて行く必要があります。
例えば、似たような商品(※※)を売るAくん、Bくんがいたとします
Aくんは(※※)の効用や価格やお客様の声をサイトに表記しました。逆にBくんは価格は打ち出さずに、ある悩みを持った方のみをターゲットとして
●(※※)を使った効用を具体的な数値として表記した
●他社の(※※)と当社の(※※)の大きな違いを解説した
●(※※)の変わった活用方法や活用シーンを掲載した
●性別や年代別に見せる配慮(同じ商品でも興味を感じる部分は性別や年代で異なる場合がありますので)を実施したとします。
この場合、必ずしもBくんの方が販売数が増えるとは言いませんがサイト閲覧者が「AとBのサイトを見比べたとした場合」においては、親切でわかり易いと興味(関心)を抱くのはBくんのサイトになるはずです。
Aくんは誰でも良いから、「商品を売りたいと言う気持ち」をPRとしているのに対して、Bくんは商品に対する使い方やターゲット別の動機を考慮した魅せ方等を行なう事で、自社商品が選ばれる為の努力をしている事が大きな違いとなります。結果としてそれらの要素が(※※)ならBくんサイトの方がわかり易い。=良い商品だと言う風に購入者心理として展開する事もあるのです
AくんがBくんに負けないようにSEO対策を実施したとします。
アクセスはAくんのサイトに軍配が上がるでしょう。しかしAくんのサイトの場合、今(※※)と言う商品を求めている方(急務性)や価値を予め把握していて価格的な魅力に惹かれた方以外のコンバージョンは期待しにくいはずです。これではSEOに使ったコスト面を含めて考えると必ずしもBくんよりもAくんの方が費用対効果が高いと言えません。
逆にBくんがSEOを実施したらどうなる?
ターゲットユーザーからのサイト訪問数を向上させる事に成功し、それらの方がBくんの(※※)を選ぶ可能性は決して低いものではないでしょう。コンバージョンを促進する為に期間限定でのキャンペーンなどを実施すると更にその効果は高くなる可能性もあります。
SEOとパーソナルブランディングの関係性
昨今、モノやサービスは溢れかえっています。それを購入する側は売られる事よりも自分で選んで購入する事を希望していると言う現実を踏まえますと
●自分の商品・サービスがどのような方のどのような役に立つものなのか
●他のものとどう違うのか?
●商品(サービス)の価値を閲覧者が想像できる魅せ方
これらをまずは考える事、サイトで如何に表現するのかと言う部分において、パーソナルブランディングと言うテーマは無視する事が出来ないものとなっておりますしGoogle SEO対策で効果を上げる為にも不可欠な要素です。SEO対策を売る為の施策と言う前に、選ばれる為の努力を行うと言う重要性(パーソナルブランディング)に関しましては事前に頭に入れておく必要があるでしょう。

①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。