インターネット上で発信される情報は精査しなければならない|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

インターネット上で発信される情報は精査しなければならない

これはSEO対策にしても新規サイト開設時にも各種マーケティングツール等の活用時にも言える事でありますが、インターネット上の情報に惑わされるサイト運営者には確実に存在しています。 例えば、誰かが、自社サイトや管理サイトの順位変動のみの確認からYahooのアルゴリズムの変更だとかインデックスアップデートとか言っている事もありますし、YahooがGoogleと検索エンジン分野で提携した事を受けて今後はGoogleの対策のみを特化させていれば良いと言うような情報を流す事もあります。
時にはSEO対策に効果的なリンク集を紹介しているサイトもありますし、サイトの収益はキャッチコピーやデザインで決まると自信満々に実績等を打ち出してPRしている方もいます。 SEO対策を全面に打ち出すわりには電話営業がお盛んな会社もありますし、その会社が作ったと思われるお客様の声ばかりを打ち出している会社も存在します。
このように考えるとWEBと言うものは、情報を取得しやすい事は非常に便利ですがある意味、知らなきゃ騙されてしまう事も多い、非常に取り扱い注意をしなければならない側面も持ちます。 では、情報を精査する為の視点を持つ為にはどうするか?それは貴方自身が試してみる事です。但しそのようなサービスに申し込みをして試すと言う事ではなく、貴方自身がそれをする事を想定して考えて検証してみると言うことです。
多くの情報が溢れ返っているだけに、信じる者は救われるなんて絶対に言えないようなヒドイ情報もあります。 私は情報の真意を確認する為には、その方やその会社の経営者のブログやツイッター等を見たりもしていますがなかなか人の真意まではWEBブラウザ上では伝わってこないものです。如何に見る目をつけるのか?様々な事柄を知る事も、SEOでは必要な要素です。

[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら