SEO対策のみを外注するよりもサイト仕様を見直した方が費用対効果は高い|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

SEO対策のみを外注するよりもサイト仕様を見直した方が費用対効果は高い

検索エンジン上位表記
外注して費用対効果は取れるの?
SEO対策をサービスとして提供する私ではございますが、基本的にはSEO対策の外注を推進しておりません。理由は、「費用対効果」が取得しずらいく見えにくい部分でもあると言うのが本音です。勿論、「SEO対策を無視するのか?」と言う事をお伝えしたいのではありません。SEO対策にはご自身で取り組みましょう。を推進したいわけです。
そうする事によって、にサイト運営者としての「意思」が強くなる事やSEO対策と言う一見、テクニカル的な部分に依存して見える事が実質的には、テクニカルな部分ではなく日々の積み重ねが重要であると言う本質を体感すると言う最も重要な経験をできる事になるでしょう。この章では、何度かお伝えしますが、SEO対策とはあくまで貴方の売上げに直結してこそ意味をなすアクションとなるわけであり、単に検索上位を目指した所で、それらを実現する可能性が必ずしも上がるわけではないと言う事は覚えておいてください。
KCEマーケティング
検索エンジン上位表記
SEOに適切なホームページ仕様を準備
ご自身でSEO対策に取り組むにあたっては、サイト運営者自らがホームページコンテンツボリューム・カテゴリー整備やキーワード調整を実施できる環境が大前提となります。もう少し簡単に表現しますと、固定ページを構成するウェブページ。常に新しい情報をリアルタイムに配信できるブログページの2つの存在から組み立てられる「ホームページ」の存在がこれにあたります。
基本的には、XML+CSSで組み上げるホームページの仕様であれば上記は実現できますが、それだけでは不十分でしょう。ホームページビルダーやドリームウェーバー等のソフトに依存した仕様にしてしまうと、更新作業(厳密にはアップロード作業)に時間もかかりますし、ソフトを既にお持ちでない方はそれらを購入する必要もあります。
よって私が推奨する方法は、CMSをサーバーにインストールさせた上で更新処理全てをWEBプラウザ上で実施できる仕様にする事です。これにより更新管理自体はサイト運営者で簡単に実施する事が可能(ブログを作れるレベルの方ならば)となるわけです。結果、作業時間や予算を効率化させ、新しいコンテンツ生成に集中して取り組める事で常に常に自社ホームページを発信基地とした情報を配信できる状態と出来るのです。
KCEマーケティング
検索エンジン上位表記
適切なサイト内ナビゲーション|内部対策
発信するリンクとそれを受信するページ。この関係が適切であればあるほど、ユーザーにとっては親切なナビゲーションを実装する事が可能であります。よって配信コンテンツ(記事)に他者が興味を持つ項目があった場合には、関連のページにもアクセスを取得する事が可能となり、結果として高い滞在率を実現させる事が出来るでしょう
ホームページをCMSで作成した場合、これらを簡単に実装する事が可能です。勿論1つのリンクとしての評価を得るためには、動的な処理(スクリプト・PHP)ではなく静的な処理で実装する事も可能です。検索エンジンはリンクを辿ってサイトをクロール・キャッシュする特性を持ちますので、1つのURLページの価値を高める事で、ホームページが形成されるドメイン・ディレクトリー階層の強化にも繋がり易くなります。

[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら