内部SEO対策 |検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

内部SEO対策

新規セッションのランディングを、常にトップページと考えていないか?
SEO対策に興味のあるお客様の多くから良く聞かれる内容の1つに、リンクの貼り方と並行して、リンク先の事をよく聞かれます。多くの方がトップページのみにリンクを貼る場合が多いです。確かに、ホームページにおけるトップページとは、最も上層に位置するページです。強化すべき部分ではある事は勿論ですが、SEOとは単純にトップページをアンカーテキキストを付けてリンクすれば良いと言うような単純なモノではありません。
また、検索エンジンから受けるセッションの受け皿は、必ずしもトップページだけではない事も頭に入れておく必要もあります。※寧ろトップページ以外がトラフィックセッションの入り口になる事も多いと言う事です。
そのような場合に運営者としてコンバージョンに繋げる為に考えておきたい事、受け皿となるランディングページからの滞在率やアクセスを精査する・分かりやすく運ぶ為のナビゲーションはかなり重要です。
●外部施策と内部要因(コンテンツ)への対処。各ランディングページ最適化の重要性
ロングテールでのSEO対策の場合、下層ページ単体が、最初のランディングを受けるページとなる確率が高いわけですから、その1つのページ上に、商品・サービスを分かりやすくしたページへのナビゲーション・またはご自身の勝負ページに繋げる為のナビゲーションを強化する事がコンバーションの確率向上の為と考えた場合、非常に重要な要素となります。
検索エンジンから新しく獲得するセッションとは言わば、そのホームページが発信する情報・またはサービスに何かしらの「興味」があるからこそ受ける事が可能です。
但し全ての新規セッションが規則正しくトップページからアクセスをスタートしてくれるものでもありません。新規セッションはランディングしたページに自分の求める情報がないと思えば、直ぐに離脱します。(他のサイトから自分の求める情報を探そうとする) 貴方のページ全体にそのお客様の求める情報が全く存在しない場合は仕方がないのですが、存在している場合は大きな機会損出になります。
[Google検索エンジンへのSEO対策を行なう上で]
2010年の年末に日yahooがGoogle検索アルゴリズムを導入した事により、現在はGoogle seo対策=日yahooのSEO対策に繋がると言う特性がございますが、Googleの検索アルゴリズムは、2012年の4月以降 作為的な対策サイトを排除する目的のアップデートを随時実施しており、これまでのSEO対策が通用しなくなったと言う方も決して少なくはないと言う事が言えます。
特にペナルティーの対象となるのが、外部要因に関しましては、有料リンク・検索順位向上の為に存在するリンク集への過剰な登録・サイト運営者が明確でないサテライトサイトの評価の低下等が挙げられます。逆に内部要因に関しましてはプラグインの埋め込みすぎによるサイト表記の延滞やサイト更新頻度、更新内容のクオリティー(ボリューム・ソーシャルを介した評価等)、ページランク、訪問セッション数(異なるユーザーからの)と言う部分の関係が非常に大きいものとなっています。
そのような事を踏まえますと、現在のSEO対策とは過去の対策のように外部対策の一辺倒ではなかなか効果は現れにくいというのが正しい解釈です。逆に言えば外部対策のみでの向上を目指す事=いつペナルティーを受けてもおかしくないとも言えます。 故に仮に外注する際にも重要となってくる事項は「しっかりとした内部コンテンツの育成を運営者自身も考える」と言う事項となります。
SEO対策に興味を抱く多くのサイト運営者様は、SEO=事業コンバージョン向上と言う形式で簡略化された認識をお持ちである場合が多いのですが、この考えは間違いです。SEOとは事業(商品・サービス)に何かしらの興味・関心を持つユーザーに役立つ情報として、閲覧されやすい環境を構築する為の施策です。閲覧者がコンバージョンするかしないかはサイト内の各種情報のクオリティーが最も関連します。
そのように考えますと、SEO対策に励む際はコンバージョンの向上・改善を意識した内部強化に対するアクションプランニングを運営者様自らが事前にオペレーションとして考えて置く事が私的には最も重要な事項であると考えております。時にはseo対策よりもwebサイトリニューアルの方が即効性が高い場合もあります。SEOを中心に考えたいと言うお気持ちは分からないわけではありませんが、コンバージョンを中心に考えそれらのプランを練る方が現在の場合、SEO対策にも繋がりやすいと考えておいても良いでしょう。
SEO内部対策と蜜に関係するサイト制作時の構成・仕様・CMSの活用
最近、内部SEO対策に関して多くの情報を収集しておりましたが、内部SEO対策の情報は解釈する方の知識レベルによって非常に危険な情報に感じます。特に思うのが下記の表現
●更新頻度が上がらなければ検索順位は上がらない
この文章は、SEOに詳しくない方が見ると単純に更新を沢山すれば検索順位が上がると言う解釈になりかねません。更新頻度を上げる事でのメリットはありますがそのメリットは検索順位を中心に考えた場合、もっと遠まわしな部分です。
現在の主要検索エンジンの順位決定要素の比重はどうしても「外部対策」にある気がします。どんなに内部対策を施した所で外部対策が行えなければ、検索順位が上がる事はそう簡単にはありません。そして、多くの情報が伝える『内部対策』とは、実は外部対策を示す部分でもございます。自分自身で被リンクを作る為のコツとも言い換える事も可能です。
内部的なSEO対策は、一見継続性があり、自分で取り組める事でお金はかからないように見えてきますが、その他の外部対策を行わない場合や方法が雑な場合は、効率的ではない道を歩んでしまっている場合がある事を覚えて置くと良いと思います。
●SEO対策における「内部SEO対策」の効果とはサイト仕様と密に影響する部分です
基本的に内部対策は、外部対策の効果を早める為、または検索エンジンクローラーが巡回しやすくする事を意識する事が適切です。そしてそのような対策は実はサイト構築時から始まっています。
私はリニューアル案件の方が多く頂きますが、最初から作り直ししないといけないようなお客様<が多いです。(サイトの構成や階層、自体が既にサイト運営者も理解出来ていない場合が多いです)多くのデザインデータを引き継げるのが唯一リニューアル制作時のメリットと言い換える事は出来ますが、その他の部分では、絡まってしまったサイト運営者の、『糸(意図)』を紐解く作業からスタートするわけです。
尚、具体的な部分で解説しますと、自社サイトを自社でもリアルタイムに更新が可能にし(HTMLやCSSを理解されていない運営者の場合は、全てを自分でやるのではなく一部の要素のみを行なう事で全体のバランスを保つのが適切) 魅せる事と伝える事の双方を重視する為にCMS(コンテンツマネージメントシステム)を採用する事が最も効率的と考えています
[Google検索エンジンへのSEO対策を行なう上で]
2010年の年末に日yahooがGoogle検索アルゴリズムを導入した事により、現在はGoogle seo対策=日yahooのSEO対策に繋がると言う特性がございますが、Googleの検索アルゴリズムは、2012年の4月以降 作為的な対策サイトを排除する目的のアップデートを随時実施しており、これまでのSEO対策が通用しなくなったと言う方も決して少なくはないと言う事が言えます。
特にペナルティーの対象となるのが、外部要因に関しましては、有料リンク・検索順位向上の為に存在するリンク集への過剰な登録・サイト運営者が明確でないサテライトサイトの評価の低下等が挙げられます。逆に内部要因に関しましてはプラグインの埋め込みすぎによるサイト表記の延滞やサイト更新頻度、更新内容のクオリティー(ボリューム・ソーシャルを介した評価等)、ページランク、訪問セッション数(異なるユーザーからの)と言う部分の関係が非常に大きいものとなっています。
そのような事を踏まえますと、現在のSEO対策とは過去の対策のように外部対策の一辺倒ではなかなか効果は現れにくいというのが正しい解釈です。逆に言えば外部対策のみでの向上を目指す事=いつペナルティーを受けてもおかしくないとも言えます。 故に仮に外注する際にも重要となってくる事項は「しっかりとした内部コンテンツの育成を運営者自身も考える」と言う事項となります。
SEO対策に興味を抱く多くのサイト運営者様は、SEO=事業コンバージョン向上と言う形式で簡略化された認識をお持ちである場合が多いのですが、この考えは間違いです。SEOとは事業(商品・サービス)に何かしらの興味・関心を持つユーザーに役立つ情報として、閲覧されやすい環境を構築する為の施策です。閲覧者がコンバージョンするかしないかはサイト内の各種情報のクオリティーが最も関連します。
そのように考えますと、SEO対策に励む際はコンバージョンの向上・改善を意識した内部強化に対するアクションプランニングを運営者様自らが事前にオペレーションとして考えて置く事が私的には最も重要な事項であると考えております。時にはseo対策よりもwebサイトリニューアルの方が即効性が高い場合もあります。SEOを中心に考えたいと言うお気持ちは分からないわけではありませんが、コンバージョンを中心に考えそれらのプランを練る方が現在の場合、SEO対策にも繋がりやすいと考えておいても良いでしょう。
SEO対策は内部対策? 外部対策? どちらを強化するのか
SEO対策者によって様々な見解がある事ですし、対象とするキーワードによっても異なる見識であると思いますが、私的には外部対策から始める事の方が効果的(結果が早い)と思っています。
外部強化をしながらまずはドメインパワーを上げる。ドメインパワーが上がらなければ内部最適化だけしても中々、検索エンジンは評価してくれない傾向もありますし(評価が反映される期間のお話)外部強化した後の内部強化策は、本当にその効果を強く感じれる事も多いわけです。即ち、非常に面倒な内部最適化作業が、効果が見えやすいので、効果が現れる事が見えやすくなり、時間のかかる作業をする上での明確なモチベーションとなると表現しておきましょう
内部対策のみを先にガッチリ行っても効果が現れるまでに時間がかかる為に少し心が折れそうになる方も多いはずです。このあたり私がサイト制作時に最も意識する部分でもあります
●内部SEO対策を実施する上で抑えておきたいポイントとは
内部対策のポイントは、サイト構造自体の変更、各ページでのtitle、description、keywords、記事内部の配列の修正、アンカーテキストの見直し等,意図的にコンテンツを作っていない方がお客様の場合は、正直な話し徹夜突貫工事に近い場合も存在します。
幾ら外部対策を先にと思っても、クライアントさんに最低限度の内部構造等への意識がなく困る場合は往々にしてございますが、逆に伸び幅も非常に大きいのでやりがいはあります。但し、料金は割高になってしまいますので、最低限度の最適化はしておいた方が良いかなっとは思います・・・・ 
尚、私は殆どの工程を機械化(ツール化)させずに「祈りを込めた手打ちする方法」が好きですので余計に大変です。また、内部強化に関しては、SEO対策済と謳っているテンプレート等を使っていらっしゃる方にも往々にして言える事です。
フォーマットは確かにある程度の最適化仕様ではありますが、重要なポイントとなるコンテンツや記事内部はページを作って行く本人の「知識」なしには最適化はそう容易な事ではないでしょうここのように考えてみると、やはり外部対策を優先とし、内部対策は御自身でも行えると言うのが、現実性がある方法でもあると言うのが、私的な解釈の一部である事は確かです。
「内部対策ってどうすれば良いのか?」と言う声をよく聞きますが、正直な話し外部対策よりも要項が多すぎて伝えづらい部分である事は確かです。少なくてもXMLにおいてW3基準を満たす事がSEO対策と言う方の意見は無視した方が良いとは思います。
また、内部対策が意図する部分はやはり評価の分散を防ぐ事ですから、(検索エンジンに適切にクロールしてもらいそれなりの評価をしてもらうと言う意味で)よってホームページの全体の構成やユーザービリティーを意識したナビゲーション等やプラグイン調整(表示延滞防止)も立派な内部SEO対策である事は補足しておきたいと思います。
基本的にSEO対策と言うものを検索上位で考えずに、様々なキーワードでお客様のサイトがアクセス(新規セッション)を検索エンジンから獲得して、その他の滞在をよりスムーズに促進する事でコンバーションに繋げる意図を持った、実利に繋がるSEO対策でなければ、いくら検索順位が上がっても意味を成さないと言う事は覚えておきましょう。
[追記]
Google検索エンジンは先のアップデート(2012年3月に実施)において、50項目の評価基準の見直しを2012年3月に実施したと言うアナウンスを行いました。その中に「過剰な外部リンク対策」に関しても含まれておりましたので、現状ではまだ一定の評価を与えていると思われる外部リンクですが、今後はどんどんその評価基準の見直しが促進されるでしょう
外部リンクはSEOにとっては非常に重要ですが、外部リンクだけに依存したSEO対策は危険と言えるでしょう。また私的に最も避けたいと思う事項としましては、相互リンク集なる価値の低いサイトへのツール等を利用した登録、ジャンルを無視した登録による外部リンク対策です。詳しくは、ペンギンアップデートで分かった事。インデックス削除サイト(リンク集)へのリンク設置もご参照ください
分かっていてもやれない・やらないからこそ、「効果」を独占できる内部対策
私自身のSEO対策の関心は、外部よりも内部に向いてます。勿論、正直なお話ベースでお伝えしますと、なんだかんだ言って効果的な検索順位上昇の対策は何かと問われれば「外部対策」と答えるでしょう。
しかし、外部対策で検索順位のみの上昇を目指した所で実質的なコンバージョンに繋がるか否かは、選定しするキーワードにも依存しますし、私のようなマンパワーが多くなく一人一人の顧客に時間をかける必要のある業種の場合、外部対策=コンバージョンアップが寧ろ比例してくれないのです。
そのように考えた上で、私は内部コンテンツを中心に考えるSEOと言う意識に完全に意識を移行させております。これはお客様にも何度もお伝えしている事です。評価されるコンテンツを作る繰り返しアクションの有無が必要と言いたいわけです。
コンテンツが充実しだすと引き寄せる顧客の質が高まります。質が高まる事で貴方でなければならない理由を作り出せます。よってコンバージョンに繋げる為の確率を高める事が出来るわけです。
但しこれらは1日で実施できる事ではありません。それらの作業の繰り返し(これを誰もやりたがらない。これが誰しもやれない最たる事。)以外に重要な作業はないと何度かお伝えしているわけです。
しかし継続して作業をした所で、良質に育てたコンテンツであっても、他者の目に触れなければそれらの広がりは狭いものとなります。幾らコンバージョン率が高くても引き寄せれる方が少ない場合も存在します。それも困ると思います。
ですから他社にお金を払って行うような荒い方法のSEOや他人からの借り物のドメイン(フリーブログ等)を育成するよりも、ご自身で考えながら、ご自身の可能な範囲でご自身のドメインを育成しながら実施できる対策に切り替えてみようとするアクションも不可欠となってきます。
最近、日本で使用されているGoogle検索エンジンも1日の中で活発に順位変動を繰り返している様子が伺えます。何を評価して何を評価しないようにするのか?アルゴリズム変更等のお話しなると決まって「外部対策の終焉」が謳われます。
まだ完全には終焉しないでしょうが、これまでの小手先(リンク対策に頼った)SEOしか実施していない方は、いつかはその手法が通用しなくなる事は確かな事でしょう。
それが来月になるか来年になるか?5年後になるかと言う問題でしょう。誰しもがそうはなりたくありません。ですからまさに備えあれば憂いなしにして置く必要があるわけです。
コンバージョンに繋がる確率を上げる為のアクションを繰り返しながら検索エンジンだけではなくソーシャルメディア等も良い所だけを効率的に活用しコンテンツクオリティーを上げつつ、最終的には自社ドメインを育成する事で、ユーザーからもコンテンツの評価を高めて行くアクションを繰り返す。これが出来ている方とそうでない方の差こそが売上の差に繋がる日もそう遠くはないと私は考えています。
SEOに対する誤解が多い事項・キーワードの使い方とアンカーテキスト
SEO案件のご相談を頂くお客様は少なからずSEO対策に乗り出している方が多いは周知の事実です。ですから皆様、ある程度の知識(この知識が正しい場合もありますし正しくない場合もあります)、がある方の方が多いわけです。
その中で必ず出る話しが、キーワードとアンカーテキストに対しての使い方に関する疑問が多いわけですが、今回はキーワードとアンカーテキストに関して再度確認の意味も込めて記事にしたいと思います。
まず、キーワードとは文中に出現させるキーワード出現率やmetaに含ませるキーワード等を示すものです。キーワードの出現率を○%以下にしている。またはmetakeywordsに検索されたい語句を含んでいると言うような相談者が多いですが、私的にはそんな事に神経質になっている時点でコンバーションの上がらないSEOになっている事を伺えます。
何故ならば、本当に価値の高いSEOとはコンバーションを上げる対策の事を示すのですから順位が1つあがったとか、10つ下がったとかで心理作用を働かせる事にはあまり意味を成さないからです。検索からのセッションは確かにコンバーションには繋がりやすい特性を持ちます。
但しコンバーションに繋がる事が約束されているわけではありません。寧ろ第一ステップと考えた方が良いですし、検索エンジンへの入り口が数個よりも数千個あった方が絶対に得策です。
順位よりも、いくつのキーワードで上位出現させているのか?の確認とキーワードによるコンバーション見込み分布(実質的には滞在率や滞在時間等で検証)が最たる重要な事項なわけです。
巷に流れるキーワード出現率の調整に頭を悩まして時間を浪費する位ならば、ホームページの仕様全体を見直したり、自分のドメインから発信する頻度を高めたり、外部ソーシャルを活用して新しい方との交流を図った方が何百倍も事業に結びつきやすいわけです。そしてそれらが結果としてSEOに繋がる可能性も高いわけですから一石二鳥(三鳥)となります。
但しキーワード出現率ばかりに気をとられるサイト運営者の特徴として非常に文章の表現の仕方やタイトルの付け方が不自然に写る場合も多く見かけます。
同一キーワードを多重して利用する<方もいますが、これらは、もはやSEO云々の問題ではなくユーザビリティーを大きく損ない、最終的に閲覧ユーザーに対してのナビゲーションの見せ方等も誤ってしまう結果を引き起こす場合も多いのです。
これは、アンカーテキストにも共通するお話しですが、良く検索に上げたいキーワードのみにアンカーテキストを作る方がいますが、あれらの方法は、非常にナンセンスです。※ここでは対策キーワードのみと言うものを示しているだけですので、対策したいキーワードをアンカーテキストにするなと言う事ではありません。
例えば、私が記事の中で何でもかんでも、「SEO対策」と言うキーワードのみに、アンカーテキストを使っていたとしたならば、どう思われますか?あまり良いとは思われないでしょ?尚、私はアンカーテキストには、そこまで拘る必要がないと今のGoogleの検索エンジンの特徴を見ていていると強く思います。
アンカーテキストとは基本的にロングテールキーワードに適していると私は考えてますので、もし今後アンカーテキストを使うのであれば、お客様が探すために・困っていて検索しそうだなと思う文章の一部に対してのリンクが最も自然な方法ではないかと思うのです。
例えば、私がどこかに自分のホームページリンクを設置するならば、「ホームページをソーシャルメディアと連動させ更に機動力の高い集客ツールに変える為の制作ならば福岡のKCEマーケティング」こういうのも一例です。キーワードに対するアンカーテキストと言うよりは、寧ろdescrition(サイト要約文)ですね。
ホームページの仕様をアメブロと自動的に連動させてくれる方はいないかな?と考えた方からリンク先のページが見つけられやすくなりますし、関連性の高い情報を配信している私のホームページに長く滞在して頂く事に繋がり、実質的にはコンバーションに繋がるわけです。
titleタグを変えれば、検索上位になるでしょうか?
この手の質問も、後を絶ちません。確かにTitleタグの使い方は重要な部分です。しかしそれらはそのサイトの現状に依存します。よって単にTitleタグを変更する事が、SEOとは呼べません。確かに関係性が強い箇所ではありますが、titleタグだけでどうにか出来るならば誰でもそうするものでしょう。寧ろこの手の質問をされる方には、SEOに関して表面的な都合の良い情報に惑わされている方に多く見受けられるような気がします。
先日もサポートを付けていないお客様からtitleタグ頻繁に変更した結果、アクセスが減ったと言うご相談を頂きましたが、扱う事でメリット・デメリットがある事を実感できたかも知れません。本日は、簡単に、titleタグ変更を検討する場合はどのような時なのか?と言う部分に関して言及してみます。※この情報もあくまでも表面的に捉えると受け手には、表面的にしか伝わらないと思います。アクションに対しての影響に関しましてはあくまで自己責任での範囲でお願い致します。
まずtitleタグとはそのサイトが持つ、名称を表すものですから、そのサイト内に記述された情報との深い関係性があって始めて成立するものです。よってそのサイトコンテンツ内容が無駄なく反映されれば、しっかりと検索エンジンは読み込んでくれます。逆にサイトコンテンツ内の情報は少ないのに一定のキーワードで意図的な操作を考えている不自然なキーワード配列のtitleタグを検索エンジンは基本的には歓迎しません。よって重要な部分はそのサイトドメインまたはディレクトリーが持つ、コンテンツ内部だと言う事が言えます。とは言っても、関連性は強いはずなのに、検索エンジンからのセッションに繋がらないと言う方もいらっしゃるかも知れません。
そう言う場合は、リスクを持って新しいメリットにチャレンジする事も1つの方法です。例えばある一定のキーワードで上位になっているが、その上位キーワードからのセッションは少ない為に、今の検索上位のキーワードのランキング下降を気にせずに、キーワードを変える事で新しいキーワードからのセッション獲得を目指すと言う方法です。勿論、闇雲にキーワードを変えれば良いと言うわけではありません。そのキーワードが月間どの位、検索されているのか?と言う位の「目安なるものは調べておいても良いでしょう」調べ方は様々な方法がありますが、1つの目安として考えるならば、Google キーワードツール(ログインが必要です)は知っておいても損はないツールです。
そもそも、検索エンジンからセッションを見込めるキーワード選びと言う部分で躓いているサイト運営者も多いです。そのようなキーワードを一生懸命に対策しても費用対効果に繋がらない所か、今までコンバーションに繋がっていたキーワードからのセッションを殺す場合も良くある事です 私的にはtitleやdescriptionでの調整を考える前に自分の持つサイト内容と今あるtitleタグやdescriptionが適切なのか?と言う視点を重要視して見直し、その上でコンバーションの見込めるキーワードを検討し、新しいコンテンツ群強化を図った上で、少しづつtitleやdescriptionを見直す事が、最も適切な変更の流れと考えています。
SEO対策において『キーワード』の選定は生命線と言えます。そしてこれらを選定する事を真剣に考える必要があります。選ぶ事は簡単ですが、それらを戦略的に模索する事は、直感や他者(お客様も含めて)の意見だけではやはり不十分です。
では、それらがなかなか上手く行かないと言う方は実際にどうすれば良いのでしょうか?見つかるまで模索し続ける事も非常に重要ですがそれだけでは、上手くいかない場合は一向にコンバーションが上がりませんので推進する方法ではありません。私はそのような事へのリスクマネージメントとして、行っている方法があります。
それはアクセス解析から検索エンジン経由での入室キーワード一覧を確認して、そのキーワードの中で購入意欲の高いと思われるキーワードからのアクセスを受けているページを再度、記事構成を見直したり、勝負ページへ流す為のナビゲーションを見直す作業を行う事で、興味を抱いたユーザー様を迎える為のしっかりとした『セッション・アクセスの流れ』を作り直す事です。
例えば、福岡でCMSを使ってホームページを20万位で制作してくれる会社と言うキーワードで検索された方が1名でもいた場合、明らかに上記のキーワードで検索された方は私のようなサービスを求めている方です。よって上記のキーワードで検索された際に表記される記事の中に、検索ユーザーが取得したい情報がしっかりあればそのユーザー様はそう簡単には離脱しません。もっと詳しく知ろうとしてくれます。
但し逆にそのユーザー様が探したい情報がそのページにない場合。(検索キーワードと記事内容に一致性のない場合)せっかくの濃いアクセスを離脱させてしまう結果になり、これでは新しいコンテンツを幾ら発信しても効果が薄れます。検索ユーザーを待つのではなく、迎えに行くと言う事は上記のようなアクションの1つ1つを戦略的に行い、それらをしっかり繋げて行く事なのです。
ホームページには必ず、titleとdescripitionを付けます。(keywordsに関しては次回以降に記述します)そしてこれらはSEO対策においては不可欠な要素です。これはgoogleの提供している検索エンジン最適化のスターターガイドラインにも記述されております。
意外にこのガイドラインの冒頭のページ内容を無視したのか、優先視していないサイトが多いのです。デザインばかりに気を取られる事はユーザビリティーの向上よりも自己満足に使い自己所有物への愛情行為かも知れませんが、それだけでは、貴方のサイトを訪問してくれる方は素通りする確率は高くなるでしょう。本日はtitleとdescriptionに関して記述して行きます。どなたでも簡単に行える事ですから、検索順位の向上を目指したい福岡のサイト運営者の方は是非とも参照ください。
まず、titleとdescriptionは簡潔に越した事はありません。要点・要約をまとめてこの中に入れ込む事が理想です。間違っても検索上位に上げたいキーワードを詰め込み連続で利用しすぎるのはやめましょう。
次に必ず可能な限り自然な形の文章を作る事が適切です。title最後には会社名や店舗名を入れて置くほうがユーザーさんにも検索エンジンにも分かり易いナビゲーションとなります。尚titleとdescriptionは基本的に全てのページで異なる事が適切です。XMLでサイト構築をされていらっしゃる場合はこれらは比較的に容易なのですが、HTMLの場合は利用するソフトにも依存しますので、SEOの観点からはやはりXMLとCSSを駆使してサイトを構築する方が良いでしょう。
尚、titleにはページが意味する内容を入れて、descriptionにはtitleを補足する説明文書を挿入するのですが、何れかに対策したいキーワード1つはキーワードを含ませると良いと思います。基本的にはdiscritionに含ませた方がユーザビリティーを損ないません。あくまでキーワードはキーワードですからサイトtitleそのものをキーワードのみに魅せる事はやや難しい場合が多いです。
そしてひつこいようですが、やはりポイントとなる部分は、『簡潔に分かりやすく』なのです。SEOを意識する余り、自社をPRしようとする余りに一生懸命になりすぎて・・・・複雑に長文にしてしまう場合が多いものです。意識的に短くしてみましょう。●●のキーワードも入れたい、●●のキーワードも入れたいと欲張る気持ちは分かります。
このような方の場合はメイン階層下のディレクトリーや子カテゴリーの中に意図するキーワードを使う事で解消できます。基本的にあまりにもTOPページにばかり拘る必要はない所か、複雑に長文化させる事でクローラーの巡回を妨げる要素があり、これの方がSEO対策的に適しているとは言いがたい場合の方が多いのです。そのような事を踏まえた上で、例えば福岡で懐石料理を全室個室で提供しているお店があった場合のtitleとdescriptionを表現してみるとします。
title:懐石料理 福岡市中央区 ●●亭
descripiton:福岡市中央区で本格的な京風懐石料理なら●●亭 完全個室
もっと特徴があるのに・・・と言う場合は完全個室の後に少し付け加える位で良いと思います。後は階層別・ディレクトリー・カテゴリー別・コンテンツ文中にキーワードや特徴を含ませていけば、良いでしょう。
①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。