SEO対策メリット |検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

SEO対策メリット

直接的なコンバーションを優先しない対策も1つの戦略
SEO対策のみの業種は別として、多くの店舗や会社ではまだまだ紙媒体(雑誌、チラシ、広告等)を利用するケースは多いわけですが、私的にはこのような手法はSEO対策を実施する事で更に効率的に実施する事が可能かと考えています。特に店舗等の場合は、インターネットへの露出は必須なのですが、やはりチラシや広告等の手法は不可欠であります。
しかし昨今特に広告に関しては、ユーザーがインターネット(ホームページを)経由してくる事が圧倒的に多いのです。ですのでチラシや広告単体での実際の効果測定が取りづらい部分もあります。例えPRに高い予算を導入したとしても、それによる直接的な費用対効果(ここでは一次的な費用対効果を示しますので潜在的な認知や二次的な費用対効果※リピート来店等は省きます)が取れれば、予算を使う「意義」が生まれるわけです。
且つ、上記でも記しましたが、二次的な費用対効果の獲得や潜在的なユーザーへの認知等の+αのメリットを取得する可能性も広まりますので更に広告等を利用する意義は高くなるはずです。
よって、その広告やチラシをきっかけにどれ位の方が認知しその結果として来店・購入に繋がったのか?を可能な限り数値として捉える事は一つの経営戦略として不可欠な要素であります。その為にSEO対策を施すと言う事も生かされてくるのです。
例えば、紙媒体やチラシ等に、詳しくは ●●を検索と言う表記を入れたとします。その場合にユーザーから所定の●●と言うキーワードでのサイトへのアクセスが飛躍的に伸びた場合には広告やチラシを見た方が何らかのアクション(検索を行ってくれた)と言う判断になります。
しかし、ここで言う●●の部分が重要です。例えばこの部分や会社名や店舗名の場合は、必ずしもシラシや広告を見た方がアクセスをしてくれたと言う基準にはなりません。勿論、チラシや広告を使う前から、会社名・店舗名で検索された回数のデータ等を過去に遡り取得しているようなサイト運営者であれば、チラシや広告を使った後の結果との差異等を分析する事である程度の目安となる数値は導き出す事は可能かと思います。
そのように考えた場合、自分のサイトがSEO対策を実施しているキーワードをチラシや広告等に詳しくは●●で検索の箇所の●●の部分に使う事は一つ面白い手法となってきます。
リアルマーケティングにかなり好影響を及ぼします。その一つが、チラシ配布地区の選定です。どの地区に配布した時が最もチラシを見てくれているのか?と言う一つの基準になります。
よって可能な限り無駄(効率的ではない)チラシ配布を抑えられるに繋がり、それが本文冒頭で記した一時的な費用対効果取得の為の効果測定に繋がると言う理由です。
SEO対策とは、実はこのように戦略的なマーケティングを仕掛ける際にリアルでの活動と密接した使い方もあると言う事。なかなかSEO対策業者は教えてくれません。何故なら彼らはその業界に精通していないからです。よって幾らSEOに詳しくない・WEBに詳しくない場合でも、オペレーションにおける最終的な司令部は貴方自身と言う事を忘れてはなりません。
そして私のような業者の本来担うべき役割は、司令部が司令部である為の技術・知識面でのアドバイザー的な位置づけこそ適切であると考えております。
当社では自身でSEO対策知識を学ばれたいと言うお客様向けのサービスも現在ご用意させて頂いております。
本日はSMO対策関連の記事が多くなりますが、アフェリイター(インターネット上で他社のサービスを紹介する事によって収益を得る方々の事)にとってSEO対策を行うと言う事はかなり重要な要素となります。勿論、自分がアフェリエイトする事での費用対効果を考える必要はありますので、何でも販売する方ではなく、何かに特化したものを販売する方には重要な要素になる事を付け加えておきます。
尚、アフェリエイターが何故インターネット上に多いのか?と言いますとその理由は他社の商品やサービスを自分のブログ等で紹介するだけで100円~500円の報州が貰えるサービスや、自分のブログ上に設置したバナーがクリックされる毎に10円~20円の報州が得られる事、購入に繋がった場合はそのうちの●●円だったり、●●%の成功報酬が得られるからです。どうせブログを書くなら、お小遣い稼ぎ位しよっかなっと言う方が年々かなり増えてます。話しを戻します。では何故アフェリエイトはSEO対策と関係あるのか?を記述していきます。上記文章を見る限りは自分のブログ等で紹介するだけなのでアフェリエイトと関係ないように見えますが、アフェリエイト収益を左右するのは、実質的な貴方のブログやサイトへのアクセス数が非常に強く影響してきます。1日に100PVしか取得できないブログよりも1日に1000PVあるブログの方が絶対にアフェリエイト収益に影響してくると言う事です。よって、アクセスはブログ内部からも検索エンジンからも取得できると強いと言う事です。
且つ、SEO対策が項を奏してくる理由の中には通常、多くの方が商品名や商品の特徴をクエリに入力しやすいという特徴がある事なのです。例えばどういう事か?と言いますと、私のこのブログでも再三に渡って記述してきましたが、濃いアクセス(購入意欲や今のその方にとっての必要性の高い情報)は必ずと言って良いほど、検索エンジンを経由する場合が多いからです。そのような場合に、アフェリエイトに関して言えばその商品を紹介しているライバルがかなり多く存在している事になります。収益を高く取得されたい方は自分のブログで紹介する商品が売れるに越した事はないのです。(クリック課金やブログでの紹介は、アフェリエイターにとってのキャッシュバック金額は低いので)
検索クエリに入力される回数が飛躍的に多い、商品名 入力回数は下がるが購入率が高くなると考えられる商品の特徴等のキーワードで貴方のサイトやブログが検索上位に表記されるメリットがお分かりになりますか?通常に考えると商品名よりも商品の特徴を対策キーワードにする事が得策かもしれません。逆に商品名で対策するならば、商品名+クチコミ、噂、機能、使い方、等のサブキーワードを用意すると良いでしょう。全ての方が自分の使った商品をPRする事は不可能です。ですから様々な商品やサービスを気軽に紹介してくれるアフェリエイターの存在をクチコミをお金で買うと言う狙いで、企業は重宝します。
逆にアフェリエイターは目の前に大きな収益モデルがある事で、ハッキリとした目的を持ち、自分のサイト運営やブログ運営を行い、その中で自分のサイトから商品を購入して貰うための努力を惜しまないのです。これらのような戦略的なアフェリエイターのみが、サラリーマン収支を大きく上回る所得を得る事が出来ている人もいらっしゃると言う事です。(但し、これは誰でも出来る事はありませんし私はアフェリエイトに本腰を入れる事は一切推進しません) 毎月安定した収支を得ているアフェリエイターの方は凄い努力をされています。何の「楽」もしていません。しかしある部分は手動である部分は自動で行っているんです。これはSEOにも通じる話しなんです。方法や目的は異なる部分は多いですが、SEOとアフェリエイトは非常に相性が良い戦略でもあるでしょう
実は、SEO対策を行う会社は誰かれに自分のサービスを売り込む傾向があります。仕事ですし受注がなければ仕事になりませんからそんな事あたり前です。 しかし誰もが、SEO対策に取り組んで良いのか?と言われればそうは言えません。正直な話、私はお断りする事(別の提案も含め)もあります。
ではどういう方がそのような部類に属するのか?と言いますと、WEBサイトからの集客しても実質的な事業の収益に繋がらないと思われる方がそれにあたります。具体的に言えば
●本質的なサービスが宜しくないと思われる方
●集客できない理由が別の部分にある事(認知以外)が明白な方
●SEO対策に強い依存心と希望的観測にも近い希望を抱いている方
●社会信用性に欠ける業者(これは単純にやりたくない業種です)
このような事を書きますと、SEO対策でWEBからのアクセスやお問い合わせを増やすのが貴方の仕事でしょ?と言われそうですが、「はい まさにその通りです」ですから、SEO対策が直接的に意味を成さないと分かる方には提案のしようがないと言う事なのです。安易には提案できないのが、SEO対策と言うわけです。
勿論、SEO対策と言うものは単月での費用対効果を計算するものではございません。少なくても初めてSEO対策に取り組まれるような方は6ヶ月位は見て置いた方が得策です。もし即効性を求められるならば、費用がやや高騰しますが、SEM,SMO(インターネット広告,アフェリエイトサイト登録)の方が適しているかも知れません。逆にSEO対策をした方が効率が上がる可能性が高いのに・・・・と思う方には、かなりプッシュします。これは現状の症状を把握した上での成功する確率論的なお話しです。ではSEO対策をしたら効果が見込める方とはどのような業種や区分の方なのか?と言う部分をここでは簡潔に解説させて頂きます。
●市場価値が認められたものを取り扱う方
(理由)→あえて商品を説明する必要がなく、顧客自身がそのものに対しての価値を認めている場合が多く、ライバルの存在も多いがライバルに勝てば売れる公算が高いので
●新規出店・新規開業の方
(理由)→高額な広告費等を使うのであれば継続的に財産として残るWEBを強化した方が効率的だからです。
●サービスの範囲があまりにも限定されない方
(理由)→●●地区をメインターゲットにすると言う事は問題ないですが、●●地区の方にしか関係ないサービスをWEB上で世界中に配信する事は効率的とは思えませんので●●地区の方を対象としていても興味のある方ならば●●を購入できる、利用できると言う幅があれば良いです。 尚ここで言う●●は非常に狭い範囲を示していますので市場規模等がそこそこ広い方や他方向から引き込める方ならば問題ないと思います。
●WEBサイトを直接運営されていらっしゃる方からの依頼
(理由)→このような方はWEBサイトに対して強い情熱があります。ですから知識や技術の習得や御自身で行って頂く作業等も真剣に取り組んでくれます。ですから応援したくなります。
SEO対策と言うものを文章で表現するのは非常に難しいものです。しかしそれを数値で見て検証すると非常に分かり易いものであります。SEO対策とは進捗を負う必要がありますが、私が追う数値とは検索順位ではありません。実際のコンバーションと検索キーワードの内容や検索総数です。
コンバーションの繋がらないSEO対策は無駄である。『SEO対策のコンバーション率』 にフォーカスして考える方ならば当たり前ですが、以外にSEO対策が自己満足になっている方には理解しがたい考え方かも知れません。今回は私のサテライトサイトとアメブロとお客様のサイトを参照として、11月1日から11月14日までの検索エンジンからのヒット数を明記して行きます。ロングテールキーワードも多数存在する為に今回は所定キーワードの公表は行えない事を予めご了承ください
●当社サテライトサイト ※開設後 約5ヶ月間経過  2010y11m14d_195632892.jpg
●当社アメブロ ※開設後 約1年5ヶ月間経過  2010y11m14d_195736213.jpg
●当社メインホームページ ※開設後1年2ヶ月 2010y11m14d_203846615.jpg
●お客様のサテライトサイト ※開設後 約2ヶ月間経過  2010y11m14d_195707983.jpg
通常、多くの広告費用等を利用しているわけではありませんから、検索エンジンからのアクセスは私達の事業にとって非常に重要性が強いです。コンバーションに関しても高額の広告費を利用するよりも十分に効果が見込めます。
①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。