SEO対策 事前知識 |検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

SEO対策 事前知識

最適化が必要と思われるのは貴方の事業コンセプトを分かりやすくする事
検索順位が低いよりも高い方が良いと考えます。但し重要な事に気がついていません。そのキーワードで検索順位が高くどの位の意味があるのか?と言う問題と、今の状態で検索からアクセスを受けても離脱させない為の施策がサイトに施されているのか?と言う確認です。そもそもSEOとは何ぞや?と考えるますとここに素人の考えを介入させるのは私的に好きではありません。●●で上位になりたいと言う●●と言うキーワードが果たしてコンバージョン率が高そうなユーザーを引き寄せてくれるのか?また●●と言うキーワードで検索された自分以外のサイトよりも自社は競争力があるのか?(比べられますから)も考えたい部分です。
そこまで考えてみると、SEO対策で効果を獲得する事とwebでのコンバージョンを上げて行く事。は似ているようで異なる事であり、リアル事業とweb上で発信する情報との一致性は勿論の事、如何に自分の事業(サービス)を探している・欲している方と結びつける事が出来るのか?が重要と言う事は外せません。しかしそれよりももっと大切な事を忘れては何も成功しません。自分の事業とは「何なのか」「誰に如何に役に立つ事ができるのか」をしっかり見つめなおす事です。ホームページリニューアルやSEOの相談を受けていて必ず私自身がお伝えるのがこの部分です。それがなければ、何をしても小手先の施策にしかならないわけです。
新規・創業を目指す方がWeb集客に取り組む際にやって置きたい事
最近、私の周りに新規創業を目指す方がいらっしゃいます。しかし実質的に創業準備に入ってくると殆どの方が形を整える事やお金を準備する事に奔走してます。別に間違いではないですし、仕方のない事ですが、果たしてそれらは開業する前にやるべき事(優先する)なのでしょうか? そんな事よりも何百倍も重要な事は、お客さんを作る事・集める事だと私は思います。理由は、これらがなければ会社が成さないからであり、お金(入金)を生み出す経済活動に対して『0発進スタート』になる事は結果として創業資金を食い潰してしまう可能性が高いからです。そもそも事前に入金概算の立てれないような創業を考える事が甘い考えです。
尚、私も新規創業のクライアント様を抱え中です。しかしこのクライアント様は、開業間近ではありますが別に金策にばかり走っている様子はありません。しっかり先に営業活動に奔走されています。まさに新創業における必要な準備をよーく理解していらっしゃる事、素晴らしいお客様だと感服します。
今回何故このような話題を、SEO対策のカテゴリーで配信させて頂いているのか?と言いますと、新規創業を目論み貴方がインターネットを利用した集客を考えるならば、インターネット環境への準備時期または販促費の投資の内容や時期にもう少し事前知識を付けておいて欲しいからです。この知識の差が実際のweb販促の効果・反響を左右する位に重要なのです。
私が新規創業案件で確実にお断りする方の多くは、『インターネットから集客はしたい。でもインターネット環境に対する投資は最小限に抑えたい。』 このように本末転倒な動機の方や、『ホームページを1週間で作って欲しい』 『自分は考えるのが嫌なので勝手に作って欲しい』と言うような方からのお問い合わせです。何はともあれこういう方は絶対にweb販促が成功しません。した人を見たこともありません。尚、上記のような問い合わせをされる方は残念ながら無知も良い所です。私以外の制作会社の場合はもしかしたら無知なお客を歓迎するかも知れません。しかし私は違います。無知=やる気のない方の仕事は請ける事はありません。理由はそんな適当な方の事業が成功するはずがない=成功しない方のサイトを作っても私に何の「利」もない。繋がらないからです。
では、そういう無知な客にならない為に何をすれば良いのか?実は参考書読んだりインターネットで調べたりと言うよりも重要な事があります。それはまずドメイン・サーバーを取得して置くことです。使わなくても構いません。毎年更新料金のみはかかりますがサイトを作りたいと思った際に新規取得するよりも絶対に得です。次にする事はブログを始める事です。出来れば自分の取得したドメインでブログを始めた方が良いですがその場合、当初の反響が限りなく0に近い事に耐えられないならばamebloが良いでしょう。理由はともあれ事業開設の前から動くか開設後に動くか。動き方は別にしても、相談を受けた際に何を準備出来ているのかでその事業の成長度合いも分かってしまうものです。
リンクを貼るべきですか?リンクの貼り方は正しいですか?
このような相談を頂いた際に、その質問者のサイトやブログを訪れてみますと、大抵が予想したような重大なミスを犯しています。そしてこの重大なミスがその方のSEO対策を著しく後退させている場合が多いものです。では重大なミスとは何なのか? それはリンクを貼る事ばかりに意識がある事なのです。要は、非常に不自然なリンクを実装させている事が大きな問題なのです。そもそも配信しているコンテンツの内容が一切充実していない運営者程、このタイトルのような質問をされる傾向が強いわけです。
リンクとは、あくまでも関連性を示すナビゲーションです。コンテンツありきのリンクであり、クリックされないリンクなんて幾ら付けても一緒だと言う事なのです。(クリックされるリンクが多い事がSEO対策と言いたいのではありません)リンクの貼り方やリンクの貼る場所にこだわるのは、あくまで前提として評価の高いコンテンツが必要なわけであり、評価の低いサイトやブログからどれだけリンクを発信しても、どれだけアンカーテキストを駆使して利用しようが、スコアはほぼ無いに等しいわけです。特にブログからのリンクは、ブログ評価に依存しますので、リンクの貼り方に悩む前に、まずは人に読まれるコンテンツを作りなさいと言う事しかアドバイスのしようがないわけです。
SEOとは、いつまでもテクニックで囚われますが、全く違います。大きくひっくるめて、労力と比例します。よって自分でSEO対策に取り組みたいならば、まだまだ評価の低いサイト運営者が、いきなり「コツとか技とか」を意識した時点で、必然的に後退する事になると言う事は抑えておきましょう。SEOマスターのブログを覗けば、皆さん書いています。「リンクに左右されずに良質なコンテンツを作る事」 まだまだサイト評価の低い方でも早く効果を出す為にすべき事(コツや技)は何かとはを、お伝えするとするならば、「自分のドメインを自分のサーバー(共有サーバー可)で、しっかりサイト運用する事。」とだけは答えるようにしています。
借り物のブログ(フリーブログ)は運用する事は簡単なんですが効果を出す事は非常に難しいし、2つ以上のモノを管理する事なんて圧倒的に出来ないと言う方も多いです。且つ評価を分散させてしまう位ならば自社コンテンツを育てたほうがどれだけの費用対効果を作るか?分かっていない方も多いですし、分かっていてもそれらが実施できない状態(サイト仕様)である場合も多いです。
seo対策の運営者「目標」であり「目的」と市場提供サービス見識の相違
これに似たテーマで過去にも記事を配信させて頂いた記憶がありますが、seo対策においての「盲点」と言うか「トラブル」の基となる要素に上記のような事項があてはまります。
先日、今年最後のSEO対策の契約をクライアント様とさせて頂いたのですが、基本的に当社はSEO単一でのサービスは現在、あまり提供しないと言う趣旨で活動している為に、何の仕事でもお金さえ頂ければ受けます的な対応をしていません。
当社がSEO案件を受ける条件として、このサイトはSEO対策が成功した後に売上向上に繋がると私が思うか思わないかを一つの基準とさせて頂いております(ここでは売上に直結する、売上げの直結する決定的な)本日はお客様が考えるSEOと私のようなサービス提供者の考えるSEOに関して2つの視点での基準 またそれらによって生じる「盲点」や今後SEOを外注するにあたって必ずチェックしておいた方が良い事項をまとめてみます。
●SEOに求める「目的・目標」「イメージ」を希望的観測で決定してはならない
・SEOしたら※※になるのではないか?
・webアクセスUP施策で最も効果の高い手法はSEOだ
・SEOがwebアクセスUP施策の中で最もコストが安く実施できる・・・・
上記の解釈。全てが決して間違っていると言う事はありません。勿論、お客様の中にはSEOをした事で※※(ex:アクセスが増えて売り上げに繋がった)になったと言うような方もいるでしょうし、自社でseoに取り組み成功を収める事で大幅なコストダウンと費用対効果の向上と言う2重に喜ばしいweb運営を実現させている方もいらっしゃる事でしょう
しかしそれらは、リアルの世界のマーケティングと同様で施策の後の準備・アクションの方が100倍重要であると言う前置きが必要だと言う事です。例えば、雑誌に紹介された、テレビから取材を受けたとしましょう。
果たしてそれだけで来客数が上昇するでしょうか?それだけで売上がアップするでしょうか?私はそれだけでは決して上がらないと思います。紹介される事がゴールになっているようでは、顧客に十分な満足を提供する事は出来ないでしょうし、顧客に十分な満足を提供できなければリピートにも繋がりません。ですから勿論、売り上げUPも実感する程には結びつくとは言えないものです。
●SEOだけで全ての問題を改善できるという風には考えない事が必要
私がSEOにおけるお客様と提供者の相違と言うか盲点と表現しているのは上記のような部分ですが、SEO対策でコンバージョンを期待したいならば、プラスアルファの要素として、自社商品(サービス)はどのような区分のお客様に関心が高いものなのか?を考え商品やサービスや提供する会社をしっかり表現しブランディングさせ、関心が高いお客様をサイトに導く準備を行う(コンテンツの充実・見直し・魅せ方の改善など)事も必要です。
そしてそれらを踏まえた上で、ターゲットユーザーが経由する検索エンジン・検索キーワードをデータやお客様の声から仮定しそれらに対して実質的な対策を施す事やweb上でのコンバージョン定義を定め(webサイト段階における運営者の目的ポイント)セッション・ページビューの推移や検索キーワードからのアクセス流入数の推移、それらに対するコンバージョン率の推移を記録する事など、成約率を高める為の施策や追加作業等のアクションを自社で明確化させるような検証作業も重要です 結果、このような継続的アクションの方がコンーバージョンに結び付けてくれると考えた方が賢い考え方と言えます。
●順位を保証しているSEO対策の盲点と自社での責任範囲を明確する重要性
正直な話し、順位を保証するseoなんていうものは売り手市場の商品以外の何ものでもありません。順位のみ保証すれば良いでしょと言う考えが基準のSEO程、費用対効果を度外視した施策はありません。(多くのアクセウが見込めると言う裏づけのあるキーワードならばそれでも良いかなと思う程度)
SEOを販売数・集客数に繋げる為には当たり前ながらサイト内部の問題の解消、お客様がそうしたくなるような運営施策、絶え間ないデータ収集とそれらの活用。リアルの世界でも同じですが、お金を出せば知らないうちに上手く行くなんて事はないのですから、認識部分で最初から希望的観測に従ってアクションを行すようだと運営者としては正しくないと言えます。
本記事を総括しますと、費用対効果を意識しつつwebコンバージョンを向上させる為にはSEO対策は非常に有効な手法だと考える事は決して間違いではありませんが、それはあくまでもwebコンバージョン向上の為の準備が成された程の事であり、それらを如何にコンバージョンに導くのかと模索しアクションする事が最終的には最も運営者には必要な考えであると言う事です。
hp_seo_img01.jpg
seo対策とは即ち、ドメインの価値を上げる事で実現する施策と言い換えた方がその理屈を理解しやすいかも知れません。検索エンジンから信用度の高いドメインに育成する事がSEOを成功させる上で最重要視すべき部分であると言う事です。
seoに興味をお持ちの方ならば、seoとは内部対策・外部対策と言う言葉を良く聞くのではないかと思いますが、私自身はSEO=ドメイン評価の向上と言う考え方が1番最初に存在し、その下にその方法論の1つとして内・外部対策と言うものが位置するイメージです。
そしてドメイン価値を高める為には、薄っぺらいコンテンツへの外部対策ではまるで効果がありません。外部対策は少なくても良いので、重厚感があるオーソリティーサイト育成こそ目指す部分です。オーソリティーサイトを育成すれば、外部リンクは自然に集まるものです。
故にそれらのオリジナルコンテンツを運営者自らが生成できる仕様であり、且つ作成するものをパーツ化させる事で、サイト内のナビゲーションを充実させ検索エンジンからのクロール頻度を高めるcmsの仕様と言うものは、昨今のweb制作の現場では最低限の準備要項になっていると言えます。
但し、cmsを使えばseoになるとは言いません。seo知識・技術を持つ人間がそれらの知識・技術をサイト内に埋め込み、テーマ分散を防ぎ、効率的に検索エンジンからの評価を集める事が重要なのです。
●seo対策者のオペレーション
●cms(コンテンツマネージメントシステム)・カスタマイズ
●継続的な運営者オーソリティー育成アクション
検索エンジンへのドメイン価値向上⇒自社seo対策の成功

ホームページ仕様変更(CMSリニューアル)で実現した検索上位キーワード例

SEO対策 キーワード Yahoo・Google順位 競合サイト数
韓国 焼肉 7位 約36,300,000件
韓国料理 名古屋 8位 約3,790,000件
韓国料理 美容 7位 約8,700,000件
韓国料理 コラーゲン 2位 約2,240,000件
美肌 コラーゲン鍋 7位 約2,990,000件
キムチ作り体験 6位 約1,900,000件
福岡 カラー 6位 約27,400,000件
カラー資格 福岡 1位 約7,380,000件
オーラソーマ 福岡 6位 約377,000件
カラーセラピー 福岡 5位 約764,000件
早良区 4位 約4,920,000件
早良区 不動産 3位 約1,220,000件
早良区 中古マンション 5位 約300,000件
店舗付住宅 福岡市 6位 約4,620,000件
ameblo 7位 約429,000,000件
CMS 福岡 3位 約7,630,000件
アメブロ カスタマイズ 6位 約7,030,000件
SEO対策 福岡 3位 約14,200,000件
アメブロ ホームページ 2位 約10,100,000件
モバイルサイト制作 福岡 4位 約9,480,000件
アメブロ 読者登録 8位 約22,400,000件
アメブロ 検索 9位 約52,000,000件
※2011年7月27日現在。上記は一例です。
  ※Google・日YAHOOの検索順位を表記しています。検索順位は日々変動しております。
   
自社・自店でSEO対策に励みたいと言う企業・店舗運営者は読んでおいてください。
SEO対策とは、他社依存の場合は継続的なコストが発生します。ですから可能な限りコストを削減した上でSEOに取り組みたいならば、「知識を学ぶ」事と「準備物を用意する」事が重要です。知識が効率化に繋がり、準備が更に効率化を促進してくれます。このような事を踏まえ下記に御自身でSEO対策に取り組む際のコツに関して記述しておきます 。
私は下記の考え方をSEO対策に取り組む際の初期段階の最低限の準備と位置づけておりますが、あくまでもスタートラインに立つための準備と思われてください。 お金をかけずに自力でのSEO対策が始めると言う事は、ここからがスタートです。しかしご自身でSEO対策・検証が実施できるようになる事で将来的な事業の費用対効果を上げて行ける可能性も存在する訳です。
●知識を学ぶ→自社に適した方法を探す
但し、知識を学ぶ為には情報処理を出来る事が必要です。インターネット上の情報はあくまで公式的なガイダンスではない事が殆どであり、夫々のSEOマスターが御自身で仮説を経てて検証した結果等を述べられています。その情報が正しい、間違いと言う判断の前にその方法が自分のサイトに適したものであるかないのか?この辺りも自分自身が検証を行わなければ本当の意味での「知識」を持つとはならないのです。
一番、良識な情報はgoogleの提供する「ウェブマスターツール」にあるマニュアルだと私は思っていますが、正直な話、あそこに書かれている「解釈」が難しいのです。ですからまずはこの事項がどのような解釈なのか?と言う定義を探す為にも、自身で自社に適した方法を検証する必要はあります
●サテライト、サブサテライトを最適化させ「分散」を防ぐ事
お金をかけずに行いたいならば、この存在なし、今後この存在を御自身で作っていけないのであれば、SEO対策に取り組むのは貴方の事業にとって効率的とは言えません。尚且つ上記で示したように「知識」を持ってそれを検証する為には、このようなサイトの存在は重要となってきます。 勿論、これらに取り組む為には最低限のサイトカスタマイズ的な知識も必要となってきます。
ブログを使うのであればどのようなブログを使うべきなのか?ドメインはどうするのか?被リンクをどのように獲得して行くのか?キーワードは適切なのか?内部構造を最適化させているのか?等検討材料は山積みです。
SEO対策って何をすれば良いのでしょうか?
SEO対策のサイト運営者のアクションを本日は少しまとめた内容を記事にさせて頂きます。その中で最も重要な事は、様々なアクションがある中で今自分で取り組める事は何か?を知りアクションを実施する事です。
この記事のタイトルにあるような「結果」を導き出す為のプロセスとしての重要な作業の事を総称してSEO対策と呼びます。一般的には、検索エンジンの最適化作業=SEO対策と呼んでいますではSEO対策とは実際に何を行う事なのか?と言う方の為に、的を絞った上での考え方をガイダンスさせて頂きます。
YAHOO検索エンジンの検索順位を向上させたいと考えた場合に私的に重要と思う部分に関して★印でその重要度を示してみます。※★印はあくまでも検索エンジンの上位表記の為と言う観点のみを今回は基準としており、私が考えるSEO対策において重要な事等の理念を含んだスコアではありません
[内部対策]
①サイトの構造上の最適化作業 ★★★★☆
②サイト内コンテンツの充実によりサイト全体の価値を高める最適化作業 ★★★☆☆
③各種、検索エンジンに対する働きかけ作業(位置情報を正しくフィードする)★★★☆☆
④対策キーワードとサイトコンテンツの内容のシンクロを図る★★☆☆☆
[外部対策]
①サイト外からの被リンク数の獲得 ★★★★☆
②サイト外から価値の高いサイトの被リンクの獲得 ★★★★★★
内部対策とはご自身で実施出来る手法です。外部対策は自分でも実施できますが、価値の低いサイトからのリンクを取得しても効果がありませんので実質的には価値あるサイトのリンクを集める作業即ち、自分で行う事が難しい場合も存在します。私的には内部対策と外部対策の連動度が重要であると思う事と、外部対策を強化させる事で、検索エンジンの上位表記は実現可能だとも思っています。
但し一時的に被リンクを増やす行為とは、常に危険との隣り合わせです。いつまでも外部対策に頼っているサイトはいずれ検索エンジンから評価を外される可能性もないとは言えません。<何よりユーザービリティーの観点からも適切とは言えません。(結果的にサイトアクセスはUPするがそれが成約には結びつかないと言う事です)
SEO対策とは、内部対策と外部対策をしっかりと自分のサイトや自分の事業に適したプランを描いて実施する事が最も検索エンジンにもユーザーにも評価される事である事を忘れてはなりません。昨今、検索エンジンは検索順位を意図的にコントロールしようとするサイト運営者やSEO対策会社を毛嫌いする傾向が強い事を念頭に入れておきましょう。まずは外部にそれらの対策を丸投げするのではなく、SEO対策の方法を教えてくれたり直接的にレクチャーしてくれるようなアドバイザー的な存在の方を探す事も1つの選択です。
SEO対策に興味を抱き取り組む前にサイト運営者が抑えて置きたい事項
「検索順位が上がれば
      それだけで集客できる?」
これらは、SEO対策業者が営業時によく利用するアプローチトークです。これらは決して騙し(嘘)ではありません。SEOは確かに上記のような結果を導く可能性も含みます。しかしSEOで検索上位にランクする事とSEOを手段としてコンバージョンを導くと言う事は全く別モノの考え方が必要です。
その証拠に、当社にご相談を頂くお客様の多くは、SEOを初めて実施するお客様ではなくこれまでにSEOに取り組んだ経験のある運営者様が圧倒的に多いです。理由は様々ですが、共通するお悩みはSEO対策に支払う金額程の集客や販促効果が得られなかったと言う内容です。
SEO対策とは、一見すると他社が技術的な手法でweb集客を実施してくれるもの?と言う錯覚に陥りやすいものですがそれは違います。運営者として良知識を持ちつつSEOに挑んで行きましょう。料金・内容等詳しくはコチラを参照ください。
検索エンジン上位表記
外注して費用対効果は取れるの?
SEO対策をサービスとして提供する私ではございますが、基本的にはSEO対策の外注を推進しておりません。理由は、「費用対効果」が取得しずらいく見えにくい部分でもあると言うのが本音です。勿論、「SEO対策を無視するのか?」と言う事をお伝えしたいのではありません。SEO対策にはご自身で取り組みましょう。を推進したいわけです。
そうする事によって、にサイト運営者としての「意思」が強くなる事やSEO対策と言う一見、テクニカル的な部分に依存して見える事が実質的には、テクニカルな部分ではなく日々の積み重ねが重要であると言う本質を体感すると言う最も重要な経験をできる事になるでしょう。この章では、何度かお伝えしますが、SEO対策とはあくまで貴方の売上げに直結してこそ意味をなすアクションとなるわけであり、単に検索上位を目指した所で、それらを実現する可能性が必ずしも上がるわけではないと言う事は覚えておいてください。
KCEマーケティング
検索エンジン上位表記
SEOに適切なホームページ仕様を準備
ご自身でSEO対策に取り組むにあたっては、サイト運営者自らがホームページコンテンツボリューム・カテゴリー整備やキーワード調整を実施できる環境が大前提となります。もう少し簡単に表現しますと、固定ページを構成するウェブページ。常に新しい情報をリアルタイムに配信できるブログページの2つの存在から組み立てられる「ホームページ」の存在がこれにあたります。
基本的には、XML+CSSで組み上げるホームページの仕様であれば上記は実現できますが、それだけでは不十分でしょう。ホームページビルダーやドリームウェーバー等のソフトに依存した仕様にしてしまうと、更新作業(厳密にはアップロード作業)に時間もかかりますし、ソフトを既にお持ちでない方はそれらを購入する必要もあります。
よって私が推奨する方法は、CMSをサーバーにインストールさせた上で更新処理全てをWEBプラウザ上で実施できる仕様にする事です。これにより更新管理自体はサイト運営者で簡単に実施する事が可能(ブログを作れるレベルの方ならば)となるわけです。結果、作業時間や予算を効率化させ、新しいコンテンツ生成に集中して取り組める事で常に常に自社ホームページを発信基地とした情報を配信できる状態と出来るのです。
KCEマーケティング
検索エンジン上位表記
適切なサイト内ナビゲーション|内部対策
発信するリンクとそれを受信するページ。この関係が適切であればあるほど、ユーザーにとっては親切なナビゲーションを実装する事が可能であります。よって配信コンテンツ(記事)に他者が興味を持つ項目があった場合には、関連のページにもアクセスを取得する事が可能となり、結果として高い滞在率を実現させる事が出来るでしょう
ホームページをCMSで作成した場合、これらを簡単に実装する事が可能です。勿論1つのリンクとしての評価を得るためには、動的な処理(スクリプト・PHP)ではなく静的な処理で実装する事も可能です。検索エンジンはリンクを辿ってサイトをクロール・キャッシュする特性を持ちますので、1つのURLページの価値を高める事で、ホームページが形成されるドメイン・ディレクトリー階層の強化にも繋がり易くなります。
SEO対策・検索エンジン・WEBサイト構築時に知っておきたい事を、自分自身で取り組みたいと言うような方の為に何かしらのヒントうに、と配信しているこの記事集ですが、WEB集客を成功させる為の糸口は「情報収集」だけではないと言うのが私の持論です。
自分で時間をかけて1つ1つのアクションとその検証を行うのか?(お金をかけずに時間をかけると言う意味)既に多くの経験をされている方に依頼する事で、効果的に希望する結果を導き出すのか?(時間を短縮させるがお金をかけなければならない)何れかの選択と決断が大前提であると言う事です。これらを選択・決断できれば成功するまでアクションを行い続ければ良いのです。
「可能な限り、コストを押さえたい」
「早く結果を出したい」
「効率的に行いたい(無駄を省く)」
よって下記のような事も選択・決断と付随して考える必要があります。自分で行う方の場合は、知識をどこから取得するのか?誰から取得するのか?と言う部分、また自分自身で常にアクション⇒検証⇒改善を行えるのか?と言う部分が重要となるでしょう。
またプロに依頼する場合でも、何の工程を依頼するのか? 自分で出来る範囲を明確にする事も重要な工程であると言えます。仮にSEOと言う対策工程・種別を例にとって考えますと、下記6項目に上げる内容は最低限押さえて置きたい事です。
①キーワード選定
②内部対策
③外部対策
④検索エンジンへの対応
⑤継続的な効果
⑥リスクへの対応
①、②、④、⑥に関してはプロに依頼する事が、初期段階では最も得策です。これらに関して自分で学べば1年以上の時間がかかると思います。(その方の現状のレベルによります)多くの方は何から学べば良いのか?を知るまでにかなりの時間がかかると思います。全てが連動する事ですので、1歩進んで2歩下がると言う事も多いです。
逆に③、⑤に関してはお客様自身でも十分に取り組める事であり、特に⑤に関してはしっかりとした下地サイトを作って置き、方法を常にアドバイスをしてくれるような存在があれば、十分に自分で取り組み続ける事は出来るでしょう。この③、⑤の作業の中で①や②の意味が少しづつ分かってくると思います。
また、検索エンジンがまだまだ発達していなかった時は、外部リンクを闇雲に獲得すれば検索順位も欺くことが出来たような時代もありましたが、昨今の検索エンジンはそれ程イージーではありません。よって④や⑥に関しても、常に自分サイトの動向を含め管理する必要があります。ネット上には、不確定な情報も配信されるので情報を精査する為の目も必要だと思いますし、いちいち検索順位が上がった下がったで日毎に一喜一憂する事もあまり有意義な時間の使い方とは言えません。
インターネットの世界では、経営資産や会社規模を問わず誰しものもPC1台で成功を収めるチャンスは数多く転がっています。それを獲得できるか?出来ないかは技術や知識もそうですが最終的には本人の意思です。
①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。