【Google Analytics】自身(自社)のIPアドレスからのセッションを外す方法|検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

【Google Analytics】自身(自社)のIPアドレスからのセッションを外す方法

ホームページ診断のサービスにてご相談頂いたお客様からアクセス解析の使い方や数値の見方に対しての質問を頂く際に、自分(自社)のアクセスをカウントしない設定が出来ていない事がかなり気になります。理由は、自分のホームページに最もアクセスするのは自分(自社)でありますので、そのデータが入る事で、全ての数値に誤差(サイトによってはとんでもない誤差)が生じてしまう事が多いのです。
本日は自分自身(自社・同一のIPアドレス)のアクセスをカウントしない設定方法を解説しますのでGoogle Analyticsを利用中であるがまだ自社IPアドレスからのセッションを除外していないお客様は是非お試しください。これからは正しいデータを前提に解析を行いましょう。
①Analytics管理画面内・現在アクセス解析を入れているプロファイルの右端にある「編集」ボタンを押してください。表示
②プロファイルの設定画面上のプロファイルに適したフィルタの右端にある。「フィルタを追加」ボタンを押してください。表示
③フィルタ情報を入力の部分、フィルタ名には「自社IP」等を記載頂き、IPアドレスからのトラフィックを選択頂いた後にその下にある空欄の部分に自社IPアドレスを記載し、最後に変更を保存ください。表示
※自分(自社)のIPアドレスが分からないと言うお客様は、コチラのサイトにアクセス頂けますと出て来た数字がIPアドレスとなりますので御確認ください。
セッション数やページビュー数は上昇しているが、全く問い合わせに繋がらないと思っている方の多くが、自社セッションの除外をしておらずに自社セッション除外後の数値の開きに愕然とするような事も結構ありますので必ず自社のセッションは外して置きましょう。※勿論、自社サイトには殆どアクセスしないと言う場合はカウントしても良いかと思います
尚、IPアドレスはサーバー環境等によっては常に変動するものですので、都度毎にIPを省く作業が大変と言うお客様は是非、Google Chromeをブラウザにして、Google Analytics オプトアウト アドオン と言う拡張機能を利用される事をオススメ致します。※但しそのブラウザからのセッション情報はどのサイトでも(自身のサイト以外にも)Analyticsに送られませんので確認ください。

①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。