Analyticsから見るwebコンバージョンの定義を検証・確率的な基準とは|検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

Analyticsから見るwebコンバージョンの定義を検証・確率的な基準とは

Analyticsから見るwebコンバージョンの定義を検証・確率的な基準とは
毎日自社、クライアント様のGoogle Analyticsデータを観察しておりますと、データがまるで語りかけてきてくれているのかごとく、かなり勉強になります。その中で私のような人間が一番何のデータが欲しいのか?と言いますとトラフィックデータと実際のコンバージョン(お客様によって定義は異なりますが、反響数とお考えください)との関係性です
どのデータが上がれば、実際のコンバージョンは上がり、どのデータが下がれば実際のコンバージョン数が下がるのか?正直な話しこれを知る為にGoogle Analyticsを毎日観察するわけです。
簡単に書きましたが、正直な話しこれが分かれば「苦労」しません。何故ならば先にも明記しているようにその基準と言うものはクライアント様毎に違うからです。今回はそれらの経験値を踏まえましてコンバージョンに繋がりやすいのでは?と言うような数値検証に関して私的な見解をレポートさせて頂きたいと思います。
●直帰率が低ければ低い程、コンバージョンの可能性は高まる
直帰率に関しましては、Analyticsプラグインの挿入方法等で若干定義が異なりますが(analyticsの設定時に知っておいた方が良い情報を提供してくれているサイト基本的に私は40%を下回る直帰率のキーワード入室や閲覧ページには、何かしらのコンバージョン効果の見込める閲覧者のセッション訪問ではないかと検証しております。
●会社名・店舗名検索はコンバージョンに繋がりやすい訪問者である
次に、検索クエリに会社名や店舗名がより多く入力される事はコンバージョンへの近道です。紙媒体等で露出頻度を上げていないにも関わらずに会社名・店舗名検索を受ける回数が多いサイトとは、web上で評判の高い証明にもなります。
Webやブログを介して誰かが何かしら紹介してくれていたり、既に顧客となったお客様が何度も訪問していると言う事を証明もします。実際にコンバージョン数の低いサイト程、何が足りないと言われると「これ」が足りないと言う場合もよく見かけるものです。
●滞在時間よりも閲覧ページビューが高ければ購買意欲が高い訪問者である
滞在時間よりも、私は平均PVが高いキーワード入室や閲覧ページを重視します。理由はページビューの高さとは何かしらに興味を持ったユーザーからの訪問であるからです。(※ランディングページのような場合はこの定めと異なる場合もあります)
人は無興味なサイトに訪問した際には、直ぐにサイトから離れたがります。それはインターネットとは自分の知りたいもの、探したいものを常に直ぐに探せるモノであると言う特性があるからです。閲覧ユーザーの行動は比較的に「短気なんです」ページビューが高い=わざわざ多くのページをクリックしてくれている。こういう風に考えて良いと思います
私的には、4.0pv以上あるキーワード検索・閲覧ページ数には、ユーザーの興味を得やすい存在になっていると考えても良いでしょう。
※Google Analyticsをご利用する際は自社IPからのアクセスをカウントしない。自社PCからのセッションをカウントしないと言う設定をして置く事を推奨します。全体的なセッション数が少ないサイトの場合は自分のアクセスが全体の数値に大きく影響を及ぼしてしまい、データ数値は良いのにコンバージョンに繋がらない。そういうケースも実はよくお見かけしたりします。
[Google検索エンジンへのSEO対策を行なう上で]
2010年の年末に日yahooがGoogle検索アルゴリズムを導入した事により、現在はGoogle seo対策=日yahooのSEO対策に繋がると言う特性がございますが、Googleの検索アルゴリズムは、2012年の4月以降 作為的な対策サイトを排除する目的のアップデートを随時実施しており、これまでのSEO対策が通用しなくなったと言う方も決して少なくはないと言う事が言えます。
特にペナルティーの対象となるのが、外部要因に関しましては、有料リンク・検索順位向上の為に存在するリンク集への過剰な登録・サイト運営者が明確でないサテライトサイトの評価の低下等が挙げられます。逆に内部要因に関しましてはプラグインの埋め込みすぎによるサイト表記の延滞やサイト更新頻度、更新内容のクオリティー(ボリューム・ソーシャルを介した評価等)、ページランク、訪問セッション数(異なるユーザーからの)と言う部分の関係が非常に大きいものとなっています。
そのような事を踏まえますと、現在のSEO対策とは過去の対策のように外部対策の一辺倒ではなかなか効果は現れにくいというのが正しい解釈です。逆に言えば外部対策のみでの向上を目指す事=いつペナルティーを受けてもおかしくないとも言えます。 故に仮に外注する際にも重要となってくる事項は「しっかりとした内部コンテンツの育成を運営者自身も考える」と言う事項となります。
SEO対策に興味を抱く多くのサイト運営者様は、SEO=事業コンバージョン向上と言う形式で簡略化された認識をお持ちである場合が多いのですが、この考えは間違いです。SEOとは事業(商品・サービス)に何かしらの興味・関心を持つユーザーに役立つ情報として、閲覧されやすい環境を構築する為の施策です。閲覧者がコンバージョンするかしないかはサイト内の各種情報のクオリティーが最も関連します。
そのように考えますと、SEO対策に励む際はコンバージョンの向上・改善を意識した内部強化に対するアクションプランニングを運営者様自らが事前にオペレーションとして考えて置く事が私的には最も重要な事項であると考えております。時にはseo対策よりもwebサイトリニューアルの方が即効性が高い場合もあります。SEOを中心に考えたいと言うお気持ちは分からないわけではありませんが、コンバージョンを中心に考えそれらのプランを練る方が現在の場合、SEO対策にも繋がりやすいと考えておいても良いでしょう。

①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。