Google+1とSEO対策の関係性に関しての検証|検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

Google+1とSEO対策の関係性に関しての検証

Google+1とSEO対策の関係性に関しての検証
下記はGoogleがGoogle+1に対して公式にガイダンスしている内容です。公式ガイダンス下に私的な検証・私見を述べておりますのでご参照ください。但し捕らえ方は人それぞれであります。あくまでも自己責任の範囲内でご参照ください。
尚Google+1と検索エンジンに関しての関係性に関して、興味のあるお客様は是非、コチラのサイトをご参照ください。またGoogle+1って何と言うお客様は、この記事下にある[+1]ボタンを1クリックした後に自身のGoogle管理画面から確認されてみてください。
●+1 が検索結果に及ぼす影響・・・・
+1 は、既知の信頼できるユーザーの関連コンテンツ(ウェブサイト、Google 検索結果、広告)を見つけてもらいやすくする機能です。ページに +1 ボタンを追加すると、ユーザーはそのコンテンツを友だちにすすめられるようになります。友だちと連絡先には、検索結果内で最も関連性が高いと判断された場合におすすめが表示されます。
KCEの視点①
上記機能の説明を見る限りは、+1が万人に対しての検索順位に影響すると言うよりは、Googleアカウントを持ち+1で繋がるもの同士の検索順位に影響すると考えた方が良いのかも知れません。
●+1 がサイトの検索パフォーマンスに及ぼす影響・・・・
友だちや知人からのおすすめコンテンツは、ほとんどの場合、他人からのおすすめコンテンツよりも関連性が高くなります。たとえば、映画評論家の映画レビューは役に立ちますが、自分と同じ趣味の友だちからの映画レビューのほうがもっと役に立つ可能性があります。そのため、友だちや知人が付けた +1 は、ユーザーのクエリに対するページの関連性を Google が判断する際の有効な要素となります。ただし、これはページの関連性と掲載順位を判断する際に Google が使用する多数の要素の 1 つにすぎません。Google では検索品質全体の向上を目指して、アルゴリズムの調整、改良を続けています。+1 については、掲載順位に関する他の新しい要素と同様に、これらの要素が検索結果に及ぼす影響を注意深く分析していく予定です。
KCEの視点②
※ここで述べられている事は、近未来で実現させると言うGoogleの宣言だと、現段階で私は捕らえております。これが実現するともはや「SEO」は不要と言う事です。Googleは、検索エンジンをアルゴリズムを積んだ単なる機械から、意思や判断力を持つ「コンピュータ」に変貌させる為のアクションを常に実施している事を裏付けています。
●検索結果でサイトの +1 が表示される場合・・・・
検索結果ではページの横にカスタマイズされたアノテーションが表示されるため、サイトが目立つようになり、サイトのスニペットが注目されるようになります。さらに、ユーザーがクリックしてページにアクセスする可能性も高くなります。
KCEの視点③
※私自身は当初(現段階)において最も影響の強い事項は、この項目であると思っています。Google+1の活用シーンが今よりも増える事で有益なコンテンツを配信できる運営者にとってはますますトラフィックを獲得できる環境が整うと言えます。
●検索結果でサイトの +1 が表示される場合・・・
ユーザーがサイト上の URL に +1 を付けた場合、その URL の検索結果のスニペットには、検索結果と検索広告でアノテーションが表示されることがあります。ただし、サイトでは、異なる URL を介して同じコンテンツを使用できるようにする場合があります。たとえば、サイトに同じ一連の製品を提示する複数のページが存在する場合です。あるページでは製品一覧がアルファベット順で表記されているのに対し、別のページでは同じ製品を値段または評価の順番で記載している場合などです。次に例を示します:
http://www.example.com/product.php?item=swedish-fish&sort=alpha
http://www.example.com/product.php?item=swedish-fish&sort=price
内容の重複が Google によって検知された場合、1 つのバージョンのみが検索結果用にインデックスに登録される場合があります。その結果、他のバージョンの +1 は、検索結果に表示されない場合があります。Google では、各ページの優先しないバージョンに rel="canonical" プロパティを追加することで、可能な限り多くの検索結果に +1 のアノテーションを表示させることができます。このプロパティでは、次のように正規化バージョンを参照する必要があります。これにより、内容が同じであるすべてのページの中で、このページが最も有用であるため、このページを検索結果で優先表示するよう通知されます。この場合、ユーザーが非正規化 URL のページに +1 を付けた場合、Google ではその +1 を、正規化の優先バージョンに関連付けます。
KCEの視点④
※少々小難しい解説ですが、ソーシャルブックマーク的な意味で捉える事が最も分かりやすいかもしれません。後半の部分は+1が付いたサイト内での優先順位(重要度)を示す部分かと思われますがここはもう少し検証してみなければ何とも言えないと言うのが正直な感想です。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 SEO対策】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。