SEO対策を売上げに繋げる事が出来る方とそうでない方の大きな違い|検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

SEO対策を売上げに繋げる事が出来る方とそうでない方の大きな違い

SEO対策を売上げに繋げる事が出来る方とそうでない方の大きな違い
自社ならびにクライアント案件のSEOに従事しておりますと、SEOを行う事で必ずしも100%の顧客満足が取れる事はありません。これは検索順位が上がらないと言う事ではなく、SEOを行った結果の費用対効果に関してのクライアント様のリアクションと言う意味を示しております。
勿論、当社ではSEOを行う事でクライアント様にとっての費用対効果を追求する為に対策後のサポートや柔軟な改善や変更にアクセス解析~提案までを実施しているのですが、それでもクライアント様によっては十分な効果を実感出来ないまま終了と言う場合も存在するものなのです。
「SEOすれば=売り上げがあがる」と言うような表記にこれ程までに嫌悪感を示すのも上記のような私の経験を踏まえた上で、日々試行錯誤しながら本当の顧客満足や我々の存在意義を考えいるからでもあります。
しかしクライアント様の本質的な目的は、SEOを売り上げに直結させたい(費用対効果の取れる施策として)ですから、そこには取れる方とそうでない方が存在する事にはなります。それらを踏まえ、今回はSEO対策者の技術・サポート内容にではなく、依頼者にフォーカスしSEOを売り上げ繋げる可能性を上げる為に、如何なる準備が必要なのかと言う前提を御確認頂けますと幸いです。
●キーワード選定時の知識とセンス
皆様はSEOを依頼される際、もしくは自社で実施される場合、何を基準に何を判断基準として対策キーワードを選定されるでしょうか?正直な話しSEOの成功を売り上げに繋げ費用対効果を取得できるかの有無はこの時点で70%決まっていると言っても過言ではございません。
私がSEOの相談を頂く際は、大抵のお客様はキーワードに関してのご要望を既にお持ちの状態の場合が多いです。※※で検索上位になる為には幾らかかりますか? ※※で検索順位を上げる事は可能ですか? 最初のお問い合わせは大抵このような内容だと記憶しています
仮に私が何の調査もせず、このキーワードに対しての見積もりを取りお問い合わせ者に通知し、お問い合わせ者はこの金額を基に他社にもあいみつを実施し、内容・料金だけで最終決定をするとします。(別に悪い事ではありません。)
そうしますと、SEOを売り上げに繋げ費用対効果を取得すると言う部分において、成功有無の70%までの作業を、お問い合わせの方が実施したと言う事になるわけです。
結果、そのキーワードからの毎日のトラフィック状況があまり優れるものでなければ、仮に検索順位が1位だろうと10位だろうと、売り上げには繋がらない。また売り上げに少しは繋がったが費用対効果は感じれなかった。と言うような現象が起こる可能性は決して低いものではないでしょう。
ここまで書くと分かりやすくなりましたが、SEO=売り上げが上がり費用対効果を実感する上では実はこの作業が非常に重要となってくると言う事になります。
●依頼者・実施者が考えておきたいリスクマネージメント
上記のような現象を避ける為に依頼者や自社で実施を行う方はある程度のリスクマネージメントを実施しなければならない事になります。簡単ではございますがそれらの方法に関して下記から説明させて頂きます
信用性のあるアクセス解析を利用し現況のサイト状況を把握
私的にはGoogleが提供するAnalyticsとwebマスターツールを推奨しますが、これらの導入により具体的なサイトのアクセス状況やコンバージョン率を計測する事が可能です。Analyicsに関しましては他項でも様々な使い方や分析方法を記述しておりますのでそちらもご参照ください。
Google Adwordsの提供するキーワード(分析)ツールの活用
これはSEMを実施している方であればオーバーチェアのツールをご利用頂く事でも代用できると思います。自社サイトへ繋がりそうなキーワード(単語)をこのようなツールで分析してみますと、一定基準でのライバル状況やインプレッション回数(表記回数)が測定できます。
私がこれを活用する場合、一番参照にするのは、おおよその上限クリック単価にしております。このツールは、あくまでもGoogleに広告を出稿する際に活用するツールです。故に競合性が高いキーワードはクリック単価も高くなりますし、競合性が低いものはクリック単価も低くなります。
競合性が高い=広告出稿したい方が多い?競合性が低い=広告出稿したい方が少ない?このような推測を上に誰しも費用対効果が取得したいから広告出稿するわけですから、高いキーワードにはトラフィック(アクセス数)の魅力が存在しているのではないかと考える事が、安易ではあります(勿論、検証すべき点はこの他にも存在します)がこの時点では最も現実的な判断ではないかと思います。
もし事前テストを行いたい場合、多少費用はかかりますが一度広告を出稿してみると実際には一番分かりやすいです。
常に推測(仮定)⇒テスト(対策アクション)⇒効果検証⇒改善を実施
いくら良さげなキーワードを見つけても実質的に対策を施してみなければ実際にはそのキーワードからコンバージョンが上昇するのか否かまでの判断は誰にも出来ません。故に上記のようなサイクルで、常に依頼者や実施者はこれらを考える必要があります。(テスト期間は最低でも2ヶ月程は必要かと思います)
また、外注を行う際、キーワード変更等への柔軟性等に関して(駄目なのか追金が発生するのか追金が発生しない範囲では可能なのかなど)を事前に確認しておくと良いでしょう。自分が信じたキーワードがヒットすれば良いですが、そうでない、思った程の結果が出ていないと言う場合は、実際の実績を中心にキーワード追加や変更を考えた方が得策です。
このように、SEOを売り上げに繋げ且つ、費用対効果を実感するお客様は上記のような準備を万全にして依頼を頂く事が多い一方、結果的に費用対効果が取得できない。また取得するまでに時間を有するお客様はこれらの準備がまるで何も出来ていないと言う場合が多い事も現実です。
認識としてSEOに期待する事柄が提供者と依頼者でギャップがありすぎると感じる昨今において、SEOで売上げを上げて費用対効果を実感する為には重要な要素として依頼者の方の事前準備・認識は不可欠な要素と言えるでしょう。

①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。