Googleの検索エンジン(2012年3月)の品質改善を受けて思う所。|検索エンジンから質の高いアクセスアップさせる為のSEO対策

Googleの検索エンジン(2012年3月)の品質改善を受けて思う所。

Googleの検索エンジン(2012年3月)の品質改善を受けて思う所。
検索エンジン最大手のGoogleが公式ブログにて検索エンジンの品質向上を目指し50項目の評価基準の見直しを2012年3月に実施したと言うアナウンスを行いました。50項目とはなかなか大幅な変動であります。
Google検索エンジンを日本のYahooが検索エンジンとして取り入れている現状、日本でwebを活用した事業展開を実施する方にとっては無視できない重要な問題でもございます。3月に施された施策でありますので、1-2週間は変動を繰り返すのではないかと思いますが、今後のweb運営の方向性も踏まえ、言及してまいりたいと思います。
尚、SEOに興味をお持ちであれば、既に他者のブログ等でどこが変わったのか?等もご存知の方も多いと思いますので、私の方では要点に絞った内容を中心に記述させて頂ければと思っております。
アンカーテキストの評価を検索順位に反映しないように改善
リンク対策が主体のSEOを施している方には「ドキっと」する一言です。今なおGoogleは外部対策でどうにかなると言う部分も、これまでに確かに存在していた事実ですから、このアナウンスはそれらの根底を大きく覆さない事項でもあるでしょう。
但し、私的には、これらはしっかりとしたサイト制作を実施している方にはあまり影響がない事項だと思います。何故なら、検索エンジンはアンカーテキストを評価しないと言っているだけであり、サイトのテーマを否定するものではありませんし、寧ろサイトテーマをこれからは重視しますと言っているとも受け取れるからです。
とにかく検索エンジンは、テーマ一致性が伴わないサイトを嫌い、それらのサイトが何かしら作為的な施策を施している現状を1日でも早く解消させたいと言う思惑を持っていますから、これからはリンクに頼るような対策(リンク対策の外注や自演リンク作成)はほどほどにして、内部コンテンツの強化ならびに有効的なサテライトサイト運用に時間を有した方が得策ではないかと思います
そう考えますと、サイト仕様はやはりCMS(MT・WP)を採用し、コンテンツ量産を図れる準備は不可欠ですし、更新するコンテンツの量・質、webとソーシャルの繋がりを重視する事は当たり前ながら、非常に高いウエイトを占める要素となってくるでしょう。
発信者の思惑と受信者の動機の関連を重視し、web施策のみを否定する動き
基本的にこれはSEO会社への警報ととった方が良いでしょう。まだまだ見かけますが、「SEOを行えば売り上げが上がる」と言う 甘い言葉のキャッチコピーなんかがこれに当たるのですが、そもそもSEOで検索順位を改善しても、そのキーワードに対する検索者の「動機」と改善を図ったサイトの「コンテンツ」が惹かれあわなければコンバージョンには繋がる事はないわけですから、検索者はライバル他社との比較対象で商品・サービスを選ぶ事になりますので、「SEO⇒売上向上」と言う図式には、発信者が明確にしなければならないプロセス(道筋)と言うもの存在が不可欠なわけです。
私は自社サイト内でも述べさせて頂いておりますが、SEOとは単なる方法論であり、それらをクライアントに伝え、運営者のweb施策に取り組む考えを、施策ベースよりも顧客満足の向上に向けて頂く事を重視しております。それらを検索動機と効率的に結びつける事こそが、私のような事業に従事する人間の役割ではないかとも考えております。
勿論、何もしないでザクザクと問い合わせ数や販売数が増えればそれは幸せな事かも知れませんが、情報過多の現在においてそのような事は皆無に等しいと思われます。
例えば、楽天で商品を買う人が多いのは、楽天が購入者に向けた「顧客満足」を常に図っているからに他なりません。よって出展者はその楽天の図っている「顧客満足」に対するアクション対価として月次の費用。販売手数料を支払っているとも言えます。
これからの検索エンジンのあり方としては、より顧客満足を提供できる。出来ていると思われるwebコンテンツを正当に評価し、作為的操作によりweb上での露出回数を増やしたいと言う思惑のあるものに対しては、正当な評価を与えようとしているだけなのでしょう
これからweb運営管理者が取り組んでおきたい事項
「売りたい・集めたい」と言う意図のみを検索ユーザーに伝えるのではなく、商品・サービスの利点や効用を可能な限り分かりやすくし、その上で自社のPRを施せるようなサイト設計、また自社のターゲティングをより明確にし、それらをwebオペレーションの中で如何に表現させるのか?と言う方法論の模索と検証。
何より、顧客満足を優先し、ソーシャルメディア等での自然評価を獲得しようとする働きならびに仕組み作りの構築こそが、自社商品・サービスを大きく広め、高いコンバージョンを獲得する為の、正攻法ではなかろうかと感じます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 SEO対策】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。