ユーザーが検索する際のYAHOOとGoogleのクエリに入るキーワード|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

ユーザーが検索する際のYAHOOとGoogleのクエリに入るキーワード

多くの方のパソコンでyahooの検索したら結果はgoogleの結果になりだしていると思います。まだ完全に移行が終了はしていませんので何とも言えませんが、少なくても私のPCでは、YahooがほぼGoogle化されています。となった場合、今後は多くの検索ユーザーがGoogleの検索エンジンを知らぬ間に利用していると言う事が言えます。勿論、bingやその他の検索を利用する方(Google検索エンジンを不採用の検索)はそうではないですが、日本人のシェアは殆ど上記ですから、殆どの方がGoogle検索を利用すると言ってもおかしくありません
そこで今回の記事タイトル、に話しは戻ります。要はこれまでYahooの検索エンジンを使って検索していた方とGoogleを使って検索していた方の客層をしっかり把握して置く事は必要でしょう。Googleの検索は詳細を調べたい時に使う検索エンジンの傾向があります。Yahooの場合はクエリに入力する文字が少ない検索を行う方が多いようです。
はじき出される答えが今後は同一になるとしても、Yahooを第一検索で利用される方の検索の仕方は今後も変わらないと言う特性を考えると、Yahooからのアクセスを幾ら獲得するのか?と言う部分も非常に重要となってくるはずです。このような記事を記載している背景には、参照元の検索エンジン別に見る『滞在率』も関係しております。
2010y11m22d_193836033.jpg
あるサイトを参照としてお伝えしますと、現在最もアクセス元として参照されている検索エンジンはGoogleですが、滞在率(実際には直帰率で見てください。数値が低い=滞在率が高いとなります)やセッション別の閲覧ページ数を見ると圧倒的にYahooからのアクセスの方がこのサイトにとっては良質なアクセスとなっている事がわかります。
このような弾き出された結果を基に、検索ユーザーの特性を考えてSEO対策を仕込む事もサイト運営者サイドの1つの施策と言える事でしょう。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら