検索エンジンからTOPページが正しく認識されていない場合|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

検索エンジンからTOPページが正しく認識されていない場合

検索エンジンからTOPページが正しく認識されていない場合
代表的な例は、wwwアリで検索エンジンにTOPページとして認識されているか?いないか?と言う事になります。 これは同様にco.jp/の後が何もない状態か、index.htmlがあるかによっても変わってきます。このような場合は、TOPページURLに対して外部対策を幾ら行っても効果は半減どころか、かなり分散したものとなります。wwwで対策をしているならば全く被リンクが読み込まれないと言う現象が起こります。
このような現象は、被リンクを変更させる(wwwアリ⇒ナシ)しても、次のインデックス更新ではもしかしたらwwwアリをTOPページと認識する場合がございますので意味がありません。一番の方法はURLを統一させる事です。 検索エンジンに対して私のTOPページはwww.アリのページですからwwwナシからのアクセスは全てwwwにしてください」と通知をする必要があると言うことなのです。
決して検索エンジンスパムのみが要因で起こる現象ではないです。検索エンジンは.htaccessによるリダイレクトを推奨しておりますので、下記にその方法を記載したサイトをご紹介させて頂きます。基本的には301リダイレクトでサイトの情報やバックリンク等を引き継がせる方法が得策です
301リダイレクトファイルを簡単に作成してくれるサイトです ※ドメインの引継ぎやURLの引継ぎ作業は本当に重要な事です。せっかくこれまでに獲得した自分のサイトの評価を新しいドメインや新しいURLにも引き継ぐ事が重要です。
【備考】2010年12月より、Yahoo Japanの提供する検索エンジンがほぼGoogle化しておりますのでこの記事で表した手法でのTOPページの確認方法等は残念ながら利用出来ません。但しgoogleの場合はTOPページが認識されない際はウェブマスターツールより再審査依頼等が実施可能ですのでそちらからお試しください。尚、301リダイレクトに関してはgoogleも推奨した方法です。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら