Google検索アルゴリズムに嫌われるSEO対策とは何かを認識する必要性|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

Google検索アルゴリズムに嫌われるSEO対策とは何かを認識する必要性

Google検索アルゴリズムに嫌われるSEO対策とは何かを認識する必要性
2012年4月末からGoogle検索アルゴリズムが頻繁に実施しているアルゴリズム変更(ペンギン・パンダアップデート)により 今、検索エンジンには大きな変動が頻繁に見られるようになっています。
当社も業種柄、4月以降は沢山の運営者様より順位下降に対してのご相談を頂きました。全ての運営者とは言いませんが殆どの運営者が 「早くどうにかして欲しい」と言う悲鳴を上げられている事においては共通しております。 その中には当社と同業種の方からの相談も含まれておりました
では何故、彼らはこのような事になってしまったのでしょうか?その理由を紐解くにはこれらの運営者に共通する事項が数点ございましたので、私なりにこの要因を本日は情報記事として更新させて頂くようにします。
下記からの解釈はあくまで私が相談を頂いた方の共通点を基にした情報です。下記の情報のに関しましては必ずしもGoogleが正式に通知しているものではございませんので、閲覧者様の責任の範囲内で解釈されてください。 ※これらの運営者に共通する事項をまとめてみます。以下の事項が運営者に共通した事項として思い浮かびます。
●思考1:検索順位とは、作為的に操作できるものだと思っている運営者
●思考2:内部コンテンツ充実の為の施策を定期的に実施できていない運営者
●思考3:検索順位ばかりにフォーカスしていた運営者
●性格1:早期結果しか気にならない方
これらを踏まえた上で具体的な説明と、如何なる施策がGoogleの検索アルゴリズムから嫌われていたのか?を解説してまいりたいと思います。まず、①に関しては相談者の殆どが方が口を揃えておっしゃった事として非常に印象深い(不快)事項なのです。そもそもこの考え方が間違っている事に気付く必要があります。作為的に操作しようとしたから今回、このような事を招いていると言った方が解釈としては正しいと言えます。
そして①と付随して出てくるのが③です。上記のような運営者は必ずと言って良いほど、順位の事しか話しません。勿論、検索順位が下降する事で訪問者は減少するでしょうから、それらが売り上げに直結するものである為に順位が気になると言う考え方が分からないわけではありませんが、検索順位ばかりに意識が向けられた事こそが運営者を過剰な施策に走らせた一つの要因と言った方が良いでしょう。
結果、②の話しにも通じますが、外部施策には積極的(外注含む)であっても自社の内部コンテンツの見なおしや内部最適化に関しての関心が薄れてしまったと言う現実もあったのではないかと感じますし、SEO=外部リンクを多く集める。pagerankを上げると言うような情報に対しては特に敏感に反応していたのではないかと感じます。
私が自社の情報更新やSEOの依頼を頂くお客様に対しては再三にお伝えしている事として「SEO対策と言うものは直接的なコンバージョンに影響するものではなく、直接的コンバージョンを獲得する為の単一的な施策である」があります。
これは、決してSEO対策が重要でないと言いたいのではなく、SEO対策と言う施策に対しての本来の意味、そしてその価値をお客様や情報閲覧者様にしっかり理解した上で取り組んで頂きたいと言う親心的な気持ちを込めたメッセージです。
SEO対策は、一方ではweb広告程の費用をかけずに高い効果を取得してくれる可能性を秘めた施策ではありますが、取り扱いを間違うと今回のように検索エンジンから嫌悪されるリスクを含んだ施策であります。故にSEO対策の目的を「順位」のみフォーカスして考えるか、反響の為の単一的な施策で、その他にも重視すべき部分があると「立体的に」考えるかでは運営者としての視野が全く変わってくるものなのです。
しかしそうは言っても、これらを理解できる運営者は決して多くはありません。何故ならばこのような事態に陥る運営者の多くが順位には興味があるが、理屈には興味を示さない傾向が強く、且つ短気であり、早期結果ばかりを求めすぎる傾向が強かったからです。
●検索エンジンに嫌悪されないサイト運営に必要な事
本記事を読んでいる方の中にも、「理屈は良いからどうしたら回復するのかを教えてくれればそれで良い。」 「どのような施策が評価を下げるかのみを通知して欲しい」と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、私は既にそれらの答えになる存在を、この記事内に記載しているのです。
運営者がSEO対策の意義、意味を理解する事。コンバージョンの向上・改善の為にSEO対策とはどのように必要なのか?と言う事を理解した上で節度を持って対策に取り組む事。理屈ですがこの理屈が重要なのです。
この理屈を理解していれば、サイト内部に特定のキーワードばかりを出現させたり、外部リンク取得の為のリンク購入をしたり相互リンク集や自動リンク集への登録を促進したり、pageランク3以上のサイトから※※本の被リンクが得られる登録代行に興味を抱いたり、大量の自作自演のリンクを設置したり、同一URLに異なる無数のキーワードでのリンクを設置したり等は絶対にやるはずがないのですから・・・・・
SEO対策ばかりを意識せずに、まずはその対象ページがわかり易い内容になっているのか?と言う内部的な要因に目を向ける事が重要です。その上で順位のみに縛られる事なくドメインの価値の向上を目指す為に自社サイト内から定期的に情報を発信して行く事は、今の検索アルゴリズムにおきましては外部対策よりも寧ろ重視されている傾向があります。
そして最後に被リンク(外部対策)ですがこれらを実施する際、アンカーテキストや数にばかりフォーカスしない事が重要です。必ずしも自社のブログ等からリンクを送る事が悪いのではありません。しかしあまりにもキーワードに執着したような露骨な送り方は止めた方が良いでしょうし、リンク集関連(特に相互・自動)に関してはやらない姿勢を持っておく方が無難です

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら