Googleはアフェリエイトリンクを好まないようです。|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

Googleはアフェリエイトリンクを好まないようです。

勿論、全ての実証がされているわけではないですが、少なくてもGoogleはドメイン内に含まれるアフェリエイトリンクをあまり好まないと言う傾向があります。特にブログ等で直接的にプラグイン挿入をされている場合には気をつけた方が良いでしょう
初心者の方には少し??の内容だと思いますが、アフェリエイトリンクは外部に押しやり、インラインフレーム等で読み込ませた方が得策だと言う事です。これによりブログ表記時間も若干早める効果があると思います(読み込みデータを格納しているサーバーの性能も関係しますが)但し基本的に、プラグインはホームページやブログの表記時間を延滞させる特性がありますし、閲覧ユーザーのブラウザによってはJSを表記しない設定等もありますので、検索エンジンにとってあまり評価の高くならない事は、最小利用が得策でしょう
最近は多くのホームページ管理者が一時期のようにFlashを好まなくなっている傾向もあります。それはSEO対策的な観点での感情でしょう。今回のテーマはアフェリエイトプラグインの問題を表記しておりますが、基本的にはプラグインの埋め込みすぎはやめておきましょう。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら