Googleへの検索エンジンの切り替えは誰に有益になる?|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

Googleへの検索エンジンの切り替えは誰に有益になる?

理由は簡単です。Googleは細かい検索機能が現在のYahoo japanに比べて優れているからです。現在のYahoo japanの場合は、正直な話し検索が非常に荒い傾向があります。
これが何を意味するかと言いますと、ロングテールキーワード選定が難しく、且つ対策に時間がかかってしまうと言う事です。
またGoogleのインデックススピードとYahoo Japanのインデックススピードは格段にGoogoleの方が早いと言う特性は無視できません。即ち、更新頻度も非常に検索順位に関係する事になりますので、例えブログサイトであれろうがしっかりと運営されているサイトであれば検索エンジン経由でのアクセスが飛躍的に上昇すると言うわけです。
Yahooの検索エンジンがGoogleに切り替わる事に反応しているのは、WEB関係の仕事の方や御自身で検索エンジンに非常に関心を持たれている方が殆どであり、それを利用する多くの検索ユーザーにとってはさほどの関心はないわけですから、仮にYahoo Japanの検索エンジンがgoogle化したとしても、多くの日本人の検索ユーザーはYahoo Japanを第一サイトとして利用する事には変わりないなのわけです。
そもそもYahoo Japanの検索エンジンを、これまで多くの方が意識した理由は何でしょうか?それはYahoo japanの検索エンジンが日本での最大のシェアを誇っていただけに過ぎません。
多くの方が利用する事こそがSEO対策を行う利点が存在した訳です。逆に言えば、これからはこれまでのYahoo japanでは引っかからなかったような「キーワードでの検索順位の向上」が見込める訳です。そうなってくるとますます重要となるのは、SEO対策よりも、寧ろLPOやSMO対策であり、ページ内を検索ユーザーがリンクサーフィーンしたくなるような「仕掛け」やそれを補助する「カスタマイズのスキル」ではないかと思う今日この頃です。
但し最低でも、サイトやブログ構築時には効率化を図る為にもMTやWPをはじめとするCMSシステムを使った構築は意識しておいた方が良いかとは思われます。
既にYahooの提供するサイトエクスプローラーももはや使い物にならないようになってきましたし、検索順位に関しても一喜一憂するのがバカらしい位に不安定です。まさに、如何なる移行を見せてくれるのか?少しでも真面目にコンテンツを生成していた方が有利に働く事が検索ユーザーにとっても最も意味があるものだと考えていまいます。
尚、補足的にお伝えすると、ブログサイトは検索エンジンがGoogleに統一化されたらますます強固なアクセス導線になるはずです。(これまでYahoo使っていた方のアクセスも引き込める事になります)
※下記は10月1日~10月25日までの私のアメブロのリンク元となっている検索エンジンです。
2010y10m26d_014520241.jpg 2010y10m26d_014550935.jpg
尚、検索エンジンがgoogleに統一化されたら困る方とは、外部被リンクを購入する事のみで意図的にYahooの検索順位を上げていたようなサイト運営者だと思います。このブログを読んでいる貴方がもしもそのようなサイト運営者であった場合、早急に対策した方が良いかも知れません。
しかし、SEO対策とは、検索上位を一部のキーワードで目指すだけでは意味を成しませんので、最も重要な事はロングテールワードを模索する事、様々な検索結果にホームページがトップページ表記される事を目標にした対策を当社では施しております。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら