TDP(トップページダウンペナルティー)要因は低質な相互リンク集・リンク購入|SEO対策をサイトコンバージョン(成約率)向上に繋げる為の知識と戦略

Google seo対策

TDP(トップページダウンペナルティー)要因は低質な相互リンク集・リンク購入

TDP(トップページダウンペナルティー)の主たる要因は低質な相互リンク集
私は自社web以外にもサテライトとして他のサイトも幾つか運営しております。故にそのサテライトサイトの何個かには2・3年前には通用したSEO施策を施しているようなサイトも存在したわけですが、(今は殆ど運営していないサイト)昨月Googleが実施したペンギンアップデート後の各サマリー推移を見て非常に分かりやすい結果が見えましたので、今回はその辺りを記事にします。※これは私の経験からお伝えしている事です。解釈には幅がありますので判断は御自身で実施ください
非常に影響を受けているサイトの特徴は、とにかく低質なリンク集、相互リンク(登録の削除等も行えないようなサイト)を使ったサイトです。最近はあまり見かけませんが、SEOに興味のある方ならば、「IP分散で※※本のリンクをご提供。初期費用※※円のみ」のような広告がありました。
あのようなサービスに飛びついた多くの運営者も、今回「ペンギンアップデートの対象」になっているのでは?と思うのです。この手のリンク対策の殆どは一括で実施されており且つ、登録者自らが削除する事も難しい事が多い為に、残念ながら現在その影響を受けているサイトは当分続くものとなる可能性も否めないでしょう。
ただしそれらは永続的かと言われますと一概にはそうとは言えません。そのように思う根拠としましては、万が一永続的にこのような過去の対策に対して強い処置を検索エンジンが強行し続けるとしたら・・・・・「逆に他社のサイトに無条件に攻撃を施す事も可能です」これらの特徴を逆手に取っていライバルサイトの順位下降を他社が操作出来てしまう可能性もあるからです。
ですから、検索エンジンもこれらの要因で落としたサイトを今後も永続的に評価しないと言う判断を行い続けるのか?と考えると、そこまで安易な判断は行わないのではないかと考えるのです。
しかしだからと言って運営者は安心する事は出来ません。今回のアップデートは、Googleからの強いメッセージであると捉えた方が適切です。その証拠にGoogleは、先日、今後も毎月「ペンギン規模のアップデート」実施すると発表しています。
しかし、ここで注意したいのは、順位が下がった要因=リンク数が足りないと考えるような運営者の場合です。私も色々な相談を常に受けますのでそのような方(当社クライアントではない相談のお客様)の相談後の行動の一部で非常に興味深い部分も見ました。それは何か?更にリンク対策(低質な相互登録)を行った運営者も多かった事実です
以前(昔)、その方法で上手く行ったから。この方法で回復するはずと言う体に染み付いてしまった悪い経験がそれらの行動に走らせてしまったのでしょう
先に私は「当分続くものとなる可能性は否めない」とご報告しましたが、過去の不の遺産を操作できない(リンクを外してもらうなど)ような場合も往々にして多いと思いますので、最終的に検索エンジンは現在進行形でスパムリンク対策を行う運営者を検索エンジンから締め出したいのではないかと思っております。
メインサイトやメイン対策キーワードでこれらの影響を受けた運営者様のお気持ちは分かりますが、過去に通用したリンク対策は通用しないと言う「順位下降と言う痛み」を伴うことで、染み付いたSEOに対しての概念を変える為のチャンスと捉えて健全な運営に励む事が今できる一番の改善策なのです
※最後になりますが、私は相互リンク=スパムと言っているわけではありません。相互リンクは寧ろ検索順位に良い影響を及ぼす事の方が多いのです。ここでお伝えしたいのは、リンクだけのお付き合いを簡単(自動登録集・対策会社からリンクを買うようなサービスを受けてる方)にするような相互リンクはNGだと言う部分です。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


[2012.11.12]
NEW(無料)サイト分析ならびにコンバージョン改善の為の提案実施
ホームページを制作し運用する目的はそれらを介してコンバージョン(販売促進・集客)を向上させる事である会社が多いと思います。それらがなかなか成功しない場合、実際にはそこに大きな要因が存在するのです。これらを具体的に数値化させ把握して行く事で改善アクションを模索致します。 詳しくはこちら
[2012.09.20]
コンバージョン獲得為のロジックとアクション|福岡 ホームページ制作会社
webサイトで集客・販促(コンバージョン)する為にはその論理を知らなければ対するアクションも見えずに成功しにくいものです。今回はそのロジックを図解で簡単に記させて頂きました。御参照ください。 PDFダウンロードはこちら